2016.10.11

アマゾンの読み放題システムにはまる

アマゾンで始まった980円で読み放題というサービス。
まんまとはまってしまいました。

なんせ、100円の本1冊しか読まなくても、1500円の本を100冊読んでも
980円、なんですから、これは読むしかありません。
biz101.jpg
本が好きな人には、たまらないサービスだと思うのですが、
私は本自体、できれば読みたくないけど、仕事上、目を通さなければ
ならないという意味でも、やはり、ありがたいサービスです。

このビジネスモデルは古くから存在しており、
食べ放題というのも、その一種ですね。

ただ、月々お金が発生し、やめない限り続きというのは、
会員制ビジネスモデルですね。

営業で働いていたとき、年払いと月払いがあって、年払いのほうが、
1か月分安くなるという仕組みでした。

月払いのほうが、手数料も毎月入るし、トータルで大きくなり、
よさそうな感じですが、口座に残がないと集金にいかなけてば
ならないので、その手間を考えると年払いのほうがいいかな。

そんな面倒なことを考えていたことが懐かしい。

今は、クレジットカードが浸透し、ほとんどの業種で適用されますが、
意外に最近のことなんですよ。

そうそう、クレジットカードの普及にも、いろんな方法があって、
ほかの業種とのジョイントが多いですね。

ジョイントするほかの業種から見ても、売上金の回収が楽になるというのは、
ものすごく利点の大きいことなんです。

起業のとき、売上金回収の問題で行き詰まる、または倒産するケースって
多いんです。

最初から売上金回収を仕組みの中に取り入れておけば、事業がやりやすくなります。

タグ:電子書籍
23:31 | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013.04.29

NHKテキストも電子書籍がお得です

とうとうNHKのテキストもネットでダウンロードする時代
になりました。




2010.12.12

将棋世界の電子書籍版は、動く

iPadアプリの充実は、日毎目覚ましいです。
雑誌『将棋世界』は、電子書籍版で駒が動くというので、購入しました。

対戦解説で、駒の手順が載っているのですが、
解説を読みながら駒の動きをイメージでとらえ続けるのは、たいへんです。

そこで、タッチすると、駒が一つ進み、タッチするごとに、進行状態が見えるのです。

書籍でありながら、ソフトウェアです。

リアルに駒の動きを見ながらの解説。

ここで、音声が出たら、最強ですね。

アマゾンリンク