2007.11.11

市場調査のアンケート

近年市場調査における調査方法として多く利用されている「携帯電話」は利便性・早さ、そしてコストも安いと大変評判です。
携帯電話のアンケート実施は、市場調査会社でさまざまな趣向をこらして行われています。

たとえば、携帯電話の市場調査アンケートに登録するとリサーチの依頼を受けます。
その時にアンケートの質問内容にこたえると、答えた登録者全員の中から抽選で図書券をプレゼント、などのサービスも行われているのです。
この会社はアンケート結果も全員に教えてくれるという誠実なところで、登録者も安心してこたえることができます。

携帯電話での調査ももちろんインターネットなどネット媒体を通した市場調査です。
たとえば、「楽天」は大きな市場調査のネット網をもっており迅速かつ低コストで、分析力も優れていると評判です。
さらに、無料自動集計ソフトを利用できることも大きな利点です。
自分自身でいち早く分析結果を知ることができます。
楽天は、インターネット媒体市場でも大きなシェアを持つ優良企業です。
そのネットワーク網を利用して依頼者の要求に応じたポイント重視の調査を行うことも大切な要因の一つです。
そのポイントに焦点を当てて、携帯電話のネットモバイルを通したアンケートを実施すれば、即座に回答を得ることができます。

携帯電話のアンケート結果はおもに若年層が多いことも注目点の一つです。
一般にアンケートというと、若年層の意見は余り収集することができない場合が多いからです。

今後の携帯電話を使ったモバイルアンケートは最新情報の集まりとして、更に重要視されるでしょう。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査の手法

仕事を成功するために、目的を成就するために、など市場調査を利用する理由はさまざまです。
どんな目的にせよ、しっかりしたマーケティングを行い的確な資料を調べることができることが第一条件になります。
そのためには、市場調査を依頼する会社選びをしっかりすることが大切です。
ホームページなどでその会社の情報をしっかりと把握し、依頼する案件がその会社にとって得意分野、もしくは専門分野であるかを確認してみることも必要なことです。

加えて、市場調査の調査手法を知ることも信頼性があるかないかを図る大きな基準です。
市場調査の手法では、まず代表的な「アンケート調査」があります。
アンケートの仕方は郵送とインターネットがあり、現在ではほとんどインターネット調査が行われることが多いです。

これには理由があり、ただ便利であるから以外に調査コストの低価格や調査範囲を限定せずにすむ、など市場調査には欠かすことのできない要因があります。
ただ、問題点もあります。
それは、回答が毎回同じ人という可能性があり、実際にアンケートに答えていただきたい人への質問には向いていないということも言えるからです。

次に、「文献調査」の手法です。
公開されている文献を調べだしますが、この手法はコンサルタントのように専門知識者ができる仕事になります。
ほかにも「ヒアリング調査」「グループインタビュー」があり、問題の抱えている事柄を質問することによって中立の立場でその答えを聞きだしていくのです。

これらの市場調査の手法を組み合わせることにより、その目的にあった調査を進めることができたり、分析への近道になったりとあらゆる分野で調査は生きてくるのです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニールセンへの転職

ニールセン・カンパニー株式会社は、アメリカを母体とする企業で、市場調査の業界でNO.1の実績を有しています。
主な顧客はメーカー・サービス産業で、リサーチ・分析のための情報を提供することで顧客の成功を後押しする大きな役割を果たしています。

市場調査は、オンラインオペレーションが主でニールセンへ転職を希望する若者が増加しています。
転職の理由としては、オンラインを利用した業務であることが第一ですが、アメリカを母体とし世界をマーケティングの対象としていることから、日本国内のみならず世界を舞台に仕事をすることができることも大きな要因の一つかもしれません。
したがって、転職希望者への資格対象として英語適応能力が必須でTOEIC600点以上が最低限のレベルなのです。
それだけではなく、高いコミュニケーション能力も必要で市場調査遂行の過程おいて、チームで作業をおこなうからです。

このように内容をみていくと、とてもハードルが高く思えますが、それでも転職希望者が多いというのは市場調査に対する認識力の高まりを示すあらわれと言えるでしょう。

また、勤務時間も特徴があることが人気の秘密です。
コアタイムを10時から午後3時とする、フレックスタイム制で、標準の労働基準時間が約7.5時間なのです。
日本の会社では考えられないこと制度は、特にうれしい制度になります。
加えて、給与も一般の日本企業に比べると23万以上と高く、休日も週休2日制なのです。

ニールセン・カンパニー株式会社、転職を希望している方は必ずチェックしてみてください。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査会社

「市場調査」といっても、その分野ごとにさまざまな情報を得る必要があります。
その情報について何を知りたいのか、どんな分析結果やマーケティング情報を知りたいかを的確に見極めるには、まず市場調査の会社を選択することです。

その市場調査の会社によって得意分野があります。
例えば、自分の調べたい目的別に探したい場合についての比較を見てみると、「ネットリサーチ」を希望する場合どんな分野でどれだけのモニター数を抱えているかをそれぞれ会社ごとに調べなければなりません。
医療分野を専門としている会社であれば市場調査を依頼する際にかなり専門的なモニターを揃える必要があります。
それらを見際め、見積もりをとることによってその会社の質を判断できるのです。

目的分野は多種多様です。
先程述べたネットリサーチもあれば、海外調査を目的としたり製品評価や広告調査もあります。
また、目的も含めて市場調査の会社そのものを調査してみるといいでしょう。
何を売りとしているのか、どんな要求をみたしてくれるのかホームページなどを参照するとよく特徴をつかむことができます。

「マーケティング戦略、営業戦略、組織戦略」など冒頭で掲載されていれば、会社の分析に強い企業ということになります。
グループインタビューなど特殊な独自調査をおこなっている会社もあります。
各案件にどのように対応するかを資料や問い合わせによってチェックすることが大切です。

市場調査の会社リサーチ専門でメールマガジンなど登録するのも大きな手段です。
ちょっとした情報やほしかった企業分析などメールマガジンで得ることができます。
得た情報によってまたどのような枝が分かれるか判りません。
市場調査は情報量が命です。
たくさんの情報を自ら獲得し、よりよい結果を得るために分析することが何よりも大切になります。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク