2007.11.11

インターネットを利用した市場調査の特徴

近年、特に利用されるようになった市場調査方法が、インターネットを利用する方法です。
パソコンとインターネットが広く普及したことから、市場調査に利用する研究が始まりました。
インターネットには、企業や機関などが収集した情報をまとめたニュースサイトから、個人が独自の調査によりまとめた情報サイト・ブログなどが数多くあります。

インターネットを利用して市場調査をする場合、訪問による調査方法と比べて、やはりコストはかからないで済みます。
また、パソコンはインターネット上の文章及び画像の情報も、簡単にコピーして保存することができます。
調査を実施する前に、ある程度そのフォーマットを整えておけば、集計・分析する際も非常に早く楽にできることも特徴の1つです。
インターネットを利用した調査方法は、他の調査方法と比べてコストパフォーマンスと効率においては最良な方法であるように見えますが、問題点もあります。

それは、その投稿・掲載されている「情報の信憑性」です。
インターネットの掲示板(BBS)を例に挙げるとわかり易いですが、インターネットの投稿は基本的に「匿名」で行われているものが多いです。
インターネット上で議論(!?)が行われる場合、実際に面等向かって議論するのとは違い、単に誹謗・中傷し合っているだけのものが多く、1つ1つの意見の信憑性を計るのが難しい場合があります。
もちろん、名前と職業を公開している専門家が書いているサイト・ブログのような場合は、信憑性が高いと判断して良いものです。

物事の傾向を探るためだけの目的であれば、インターネットを利用した市場調査は非常に有効な方法であると言う意見がありますが、収集した情報の使い方に難しさがあるようです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「見る」だけの市場調査

市場調査の方法の中には、「見る」だけのものがあります。
つまり、観察による市場調査です。
観察による調査方法は、ある街の中で不特定多数の大勢を対象に観察する形式のものと、小売店などで店内のお客を対象に観察する形式のものがあります。

前者は、タウンウォッチングとも言われます。
調査員が街に繰り出し、大勢の中から対象に当たる人の行為・行動や、持っている物(服装や装飾品など)などを観察して調査するものです。
調査の対象となる人の属性によっては、街に繰り出す時間帯なども、質の良い調査結果を持ち帰れるかどうかの大切な要素になります。
後者は、店頭及び店内観察と言われます。
調査員が店頭または店内に立って、お客の行動や商品を手にしている反応などを観察して調査するものです。
主に小売店などが、店舗経営に役立てるために行われます。

この観察による市場調査は、やはり直に対象となる人の行動を観察できることにメリットがあります。
街での調査であれば、対象となる人の傾向を把握することができ、店内の観察であれば、お客がある商品を手に取っている回数や時間など細かくチェックすることができます。

しかし、この調査方法には、持ち帰った調査結果を集計・分析するのに手間がかかるというデメリットがあります。
地域によって様々な文化や流行があるため、調査結果が多様なものにもなりがちです。
また、同じ地域で同じ時間帯でも、違う調査結果が得られるケースも考えられます。
そして、他の方法で市場調査を実施する場合も同じですが、調査する目的とその内容を明確にしておくことが大切です。
観察による市場調査はコストがかかりませんが、その目的が明確にないと中身のある調査結果を持ち帰れないことがあります。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査の集計と分析

市場調査が実施された後は、調査データを集計します。
持ち帰られた調査データは、主に2種類の性質のデータに分類されます。

その1つは、数値で集計・分析することのできるデータです。
このデータのことを、「定量データ」と言います。
企業などの事業活動においては、この定量データを基に経営判断するものなので、市場調査の上で最も大切な情報と言うことができます。
アンケートなどの調査票の質問が、いくつかの選択肢で選ばせる形式のものが多いのは、定量データの方が集計し分析しやすいからです。
アンケートのほか、例えば商品別・店舗別の売上データや顧客の属性情報(性別・居住地域・職業など)なども定量データに当たります。

もう1つは、定量データ以外の文章・画像・音声・映像などのデータです。
これらのデータのことを、「定性データ」と言います。
定性データは、定量データのような集計・分析ができないため、経営判断など比較的大きな結論を出すための材料としては不向きなものです。
経営者よりも、顧客に密接して市場調査を仕事としている、マーケターと呼ばれる職種の人が大切にする情報です。

集計が終わると、次は定量データの平均値や分布などを見る分析に入ります。
分析の方法によっては、思いもよらぬ事実を発見することができることもありますが、市場調査の集計を分析することは、一般的に難しいと言われ、分析者の判断力によってその結論が大きく左右すると言われています。
集計された定量データ・定性データを分析する方法として、ソフトウェアなどを使う方法もあるようです。

市場調査の本来の目的はその分析結果を活かすことにあるため、市場調査そのものよりも、事前の目的の明確化や事後の活用の方が難しいようです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査会社とは

市場調査を事業内容としている会社は数多くあります。
市場調査と言っても調査できる分野は無数にありますので、市場調査会社にもそれぞれ得意としている専門分野があります。
業務としてどこまでできるのかも市場調査会社によって様々ですので、数多くあるのも不思議ではありません。

企業などが市場調査会社の利用を考える場合、どの会社を選ぶのかは難しいことです。
一言に市場調査会社と言っても、それぞれが持つデータベース量や調査方法には違いがあります。
1つは、大きなデータベースを持っている会社などで、その数値をベースにした分析した情報を提供する形式です。
もう1つは、大きなデータベースを持っていない会社などで、主に調査対象に直接働きかけ(アンケート・ヒアリング等)情報の収集と分析を行うという、調査代行に近い形式です。
どちらの形式を利用するかによって、出てくる結果に大きな違いが出てくることは間違いありませんので、双方の特徴を理解した上で、目的に合った会社を選択することが大切です。

更に、市場調査会社を選定できたら全て丸投げして終了ではなく、こちらの調査目的や内容、背景などを正確に伝えなければなりません。
良い調査会社を選択できたとしても、調査目的が正しく伝わっていなければ、こちらが期待しているような調査・分析結果が出てくることは考えられません。
市場調査実施において、その目的・内容の明確化は大切ですが、調査会社に委託する場合でも全く同じです。
このような肝心な部分が欠けているため、的確な調査・分析がなされないケースが多くあるようです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査アルバイトの仕事

企業が新製品を開発するのに、「市場調査」が大きく反映されます。
この市場調査によって、消費者の嗜好や関心事を事前に収集してから、製品の生産量や、方向性を決めていく参考にすると言う訳です。
企業にとって、この調査結果が売り上げやその商品の今後を占う大きな役目をするのですから、結果はとても大事なものです。

それ故に、市場調査を専門に請け負う会社や部門があるほどです。
調査の方法は様々です。
インターネットや郵送、電話を使ったアンケートもあれば、街頭で取るアンケートもあります。
直接人を集めて行うアンケートもあります。

市場調査を専門に請け負う会社では、様々な形でアルバイトを募集しています。
アルバイトの仕事内容としては、街頭で、調査の対象となる世代の人に声をかけて、アンケートに答えてもらうものがあります。
人と話すことが苦手・・・と言う人には少し不向きの仕事かもしれませんね。

他にも、昔からよくあるのが交通量調査のアルバイト。
決められた場所に座って、その場所を通る人や車の数をカウントして、集計を取ります。
集中力が物を言う仕事内容なので、根気のある人でないと大変な仕事かもしれませんね。

後は、市場調査会社内で、アンケートを集計してグラフ化したりするアルバイトもあります。
結果を一目見てわかるようにするのはとてもやりがいのあるお仕事です。

市場調査に関わるアルバイトは様々な物がありますが、どれも、今やこれからの流行がわかったり・・・でとてもやりがいのある面白いお仕事ではないでしょうか。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化粧品市場調査結果

総合マーケティングビジネスの富士経済が発表した化粧品の市場調査結果を見ました。
それによると、ヘアケア・ヘアメイク市場は活性化し、メンズコスメティック市場は縮小の見込みとの見解でした。

消費者側でも肌に感じる、化粧品の市場の移り変わりの早さ。
どの企業も市場調査結果を基に、あの手この手で策を練っているのですね。
少し前に芸能ニュースなどでも大きく取り上げられていた資生堂「ツバキ」CM。
名の知れた女優陣が名を連ね、プロモーションに一役買って話題となりました。
他社も次から次へと新ブランドを立ち上げて対抗する構えですから、この市場が活気付いているのもわかります。

それに対して元気のない市場調査結果が出てしまったのが、メンズコスメティック市場。
原因は、育毛剤の需要が沈静化したことなどがあげられるようです。
育毛剤は定期的に発売はされているものの、今年は、団塊世代が大量退職を迎える年。
それにより、需要が大幅に下がると言う見通しがされているようです。

いくら、定年を迎えたからと言って、お洒落にも気を使わなくなってしまうのは寂しいですよね。
世の男性陣には、何歳までも若くお洒落でいて欲しいものです。
そんな魅力的な化粧品を開発していただけるように、化粧品業界の人には頑張ってもらいたいものですね。

とは言え、今も昔も化粧品市場は女性向けが幅をきかせる分野です。
特に、最近は、化粧品の使用も低年齢化が進んでいます。
若い肌にも優しい、価格も優しい化粧品作りをお願いしたいものです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康食品の市場調査結果

2007年10月に健康食品の市場調査結果が発表されました。
人々の健康ブームが言われて久しくたちます。
年々、健康志向の人の数が増えると同時に、健康食品への注目も高まっているようです。

市場調査の結果に反映されたのが、昨年辺りからよく耳にするようになった「メタボリックシンドローム」。
昨年同様に、このメタボリックシンドロームに深く影響を及ぼす、高脂血症や、高血圧、高血糖の対策のできる健康食品がクローズアップされています。

その結果、2007年の市場でも、中性脂肪値の改善に目を向けた、サントリーの「黒烏龍茶」が相変わらずの伸びを見せるであろうとされています。
それと同様に、味の素ゼネラルフーズの「ブレンディ香るブラック」も高い伸びを見せていくのではないかとされています。
他にも、高血圧予防の分野で、ヤクルト本社の「プレティオ」と、サントリーの「胡麻麦茶」の売り上げが伸びてくるであろうと予想される結果が出ているようです。

2007年の健康食品市場も、2006年同様、メタボリックシンドロームへの関心から、中性脂肪改善商品、高血圧予防商品、コレステロール改善商品が拡大し続けていく市場であることは間違いないようですね。
とは言え、特に調味料類に関しては、値段を比較してみると、どうしても一般の食品との格差が大きいのが気になります。
この市場調査結果がどのように企業に反映されていくのかわかりませんが、調査結果に基づいて改善、改良された商品を継続的に利用でき、私達の健康維持に役立ってくれるのを願って止みません。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査の手法

市場調査は、新商品や新サービスの開発において、顧客の動向を知る大事な手段です。
この市場調査を専門に請け負う会社や部門では、様々な手法により、市場調査を行い結果を集計しています。
その手法も請け負う業者により様々ですが、主な手法と特徴についていくつか調べてみました。

まずは、インターネット。
近年急速に普及されたインターネットの膨大な人口と、幅広い年齢層は、市場調査に強い味方となりました。
モニター登録者により、識別された対象者へのアンケートで、さまざまな調査ができます。
特に、数千規模の調査結果までもが、従来の手法と比べて、低コストでできるのが大きな特徴です。
低コストでできるばかりでなく、郵送などで行う調査に比べて、圧倒的に短時間で調査ができるのもこれまた大きな特徴です。

他にもアンケートの手法として、郵送、電話、FAXなどがあります。
そして、最近の手法として、「ブログビスセンサー」があります。
これは、ブログに書き込まれた、商品名やそのブランドに対する評価を解析して、調査を行うものです。

商品名、ブランド名をキーワードとして登録しておくことで、ブログ上でやりとりされている情報を集計、分析していくという今までにない画期的なやり方です。
確かに、この数年でブログ利用者は急激に増えています。
ブログがそのまま本として出版されたりもしている時代です。
プログビスセンサーは、この「情報の場」を上手く利用した新手の調査方法です。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査の調査方法

店頭に並ぶ商品、日常利用しているサービスは、常に改良されたり、新たに開発されたりしています。
そのために重要となるのが、「市場調査」です。
市場調査により出された、消費者の意見や感想が、商品の改良や開発のために大きく反映されるのです。

では、この市場調査とは一体どんな方法でされているのでしょうか?
市場調査の方法はいくつか種類があります。
まず、最近急激に増えたのが、インターネットを利用したアンケート方法です。

近年、インターネットの利用者が急激に増えたのが大きな要因ですが、インターネットでの市場調査の場合、比較的低予算でできると言うのも大きな要因ではないでしょうか。
従来からあるアンケート方法も含めて、この方法が一番、手っ取り早く、受ける側も答えやすいのが大きな特徴です。
ただ、手軽なだけに、質問の答えは簡単に出せるけれども、実際にその商品を購入するか?と言ったらそうでもない場合も多いことがあるため、その調査結果がすべてではないということが大前提になってしまうことがあります。

他に、面接による調査方法があります。
これは、対象の顧客層に対して、30分〜1時間位かけて、ありとあらゆる質問を投げかけ、回答を得ることにより、顧客層について深く調査できる方法です。
それにより、商品開発、改良だけに留まらず、売り込み方法までもが見えてきたりもする優れた方法です。

後、実験や観察による調査方法があります。
これは、これからマーケティングしようとする商品やサービスを実際に利用してもらった顧客からの反応を調査するものです。
実際に利用した顧客からの反応は大いに役立ち、改善点がはっきりする方法です。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職サイトの市場調査

終身雇用が当たり前ではなくなった現代、「転職者」の数も増えています。
インターネットの普及に合わせて、転職を希望する人が、インターネットを転職活動に活用する人がとても増えました。
市場調査の結果を見ても、インターネットでの転職活動が確実に定着して来ていることがうかがえます。

インターネットでの求職は、職を求める人間にとって、より多くの情報の中から選択できるし、在職中であっても動きがとりやすいことがメリットなのではないでしょうか。
また、企業側にとっても、幅広い範囲から、より良い人材を得ることができるメリットがあります。
両者にとって、メリットの多い、インターネットを活用した転職活動が普及するのは自然な事かもしれませんね。

市場調査の結果で、転職サイトを利用するのに重要視される点として、情報量、操作性、プライバシーの三つが上位に上がる結果が出ているようです。
一昔前は、プライバシーも何も気にしていられずに、職業安定所(ハローワーク)に足を運び、求人のファイルに目を通し・・・とやっていたのを考えれば、家に居ながらにして、より多くの求人情報を得られ選択肢の幅が広がっているのです。
登録しておけば、自分の希望する職種などにマッチした企業の情報が送られてきます。
サイトの操作性も大きなポイントになるようです。

ただし、市場調査結果を見ると、転職サイトで得た情報と、自分が実際に転職してからの状況とでは、違いのあったと言われる人の数が多い転職サイトも結果として出ています。
転職サイトを見極める力も備えたほうが良さそうですね。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話アンケートによる市場調査

昔は家庭に一台だった電話機も、今や、家族1人につき、一台携帯電話を持つ時代に変化しました。
いろいろな世代に行き渡った、携帯電話も市場調査においては欠かせない道具になっています。

携帯電話を使った、市場調査の流れとしては、あらかじめ、携帯電話の利用者に登録をしてもらい、その登録内容によって、調査の対象が識別されます。
調査したい内容について、それぞれの調査対象になる登録者に、アンケートが配信されます。
登録者はそれに回答して提出することで、それに応じた謝礼を貰います。
調査された内容は集計され、データ化され、新商品の開発などに役立てられるのです。

電車の待ち時間や、待ち合わせの空き時間など、今の時代ボーっと座っているだけの人の姿はほとんどありません。
大概が携帯電話を片手にメールを打ったり、サイトを見たり・・・。
そんな空いた時間に、アンケートにそった回答や意見を提出するだけで、謝礼としてお小遣いを貯めることができるのですから嬉しいですよね。

もちろん、一度に大金を稼ぐことはできませんが、市場調査と言う事で、時には、これからの流行の先取りができたりと、流行に敏感な人には一粒で二度美味しかったりするので、最近では登録をしておかれる方が多いようです。
面倒くさがりやの人には不向きかもしれませんが、自分の意識や考えている意見などか反映されることもあるかと思うと、回答するのもなんだかワクワクしてきますよね。
登録するのにお金がかかったりすることはありませんから、一度登録してみてはいかがでしょうか?
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査会社の仕事

市場調査は、企業にとって、方向性を決める大事な資料となります。
様々な手法により、市場調査を行い、結果をデータ化して企業に提出するのが市場調査会社の仕事です。
市場調査を専門とする会社がたくさんある中から、選ばれた市場調査会社は企業側に、より多くの回答から割り出した正確な情報を提供します。

一言に市場調査会社と言っても、様々な市場調査がありますから、調査会社も様々です。
飲料水を含めた食品に的を絞ったところもあれば、医薬品や医療器具などの医療品に的を絞ったところもあります。
また、九州エリア限定などエリアに的を絞った会社もあれば、海外の調査までも可能な会社もあります。

最近では、インターネットの普及に伴い、インターネットを利用した市場調査もさかんです。
回答者には謝礼としてポイントが与えられ、ポイントを貯めると換金できり、金券と交換できたりします。
登録しておけば、アンケートが送信されてきて、それに答えて、返信するだけの簡単なものなので、モニターとして登録している方も多いのではないでしょうか。

ただ、回答者側は、企業の利益よりも、個人の利益の方が重要ですから、1人の人間が、重複して回答したり、誠意の見られない回答をしたり、不正な回答をしたり・・・と言うこともあります。
そのような回答結果は結果の品質をも落としますから、モニターとなる登録者の質にも左右されます。
市場調査会社に求められるのは、確実な方法で、確実な結果を出す事ですから、大変な役割ですよね。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話の市場調査アンケート

市場調査のモニターに登録していると、日替わりでいろいろな種類のアンケートが送られてきます。
そのアンケートに答えて返信するだけで、ポイントがもらえ、貯めれば換金できたり、金券として交換できたりとメリットがあります。
簡単なアンケートが多いので、頭をひねる必要もなく、思ったとおりに事実を答えていけば良いだけですから、そんなに手間もかかりません。
答えているうちに、ポイントがチリも積もれば・・・で貯まるので、お小遣い稼ぎとして、市場調査のモニター登録は人気です。

どのようなアンケートが届くのか?知りたい方のために、携帯電話の市場調査アンケートの例をあげてみますね。
現在、利用している携帯電話はどこの会社のものか?
その携帯電話の機種はどこのメーカーのものか?
と、現状の利用について問われます。
答えは選択制になっているので、実際に利用している会社を選択したり、機種のメーカーを選択するだけです。

購入した動機について、新しく買い換える場合どこの会社を選ぶか?
選んだ動機や、利用してみての気持ちを含めた回答を、選択肢から選びます。
だいたい、四択くらいになっていて、会社別に、購入する、購入を検討する、あまり購入したくない、購入する気は全くない、の四つの中から自分の気持ちにぴったりなものを選択します。

そして、携帯電話を持って居ない人に薦めるとしたらどこの会社のものか?
これも会社ごとに四択から、強くすすめる、すすめてもよい、あまりすすめない、絶対すすめない、の中から選択します。
どれを選ぼうが誰かからとやかく言われるものではないので、正直な気持ちで回答すれば良いのです。
こうして、出された市場調査の結果が企業側に渡され、改善や開発への糸口になるのです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話市場の市場調査結果

今や、携帯電話を持たない人を探す方が難しいくらい、携帯電話は普及しました。
会社用と個人用の2台を持ち歩く人も少なくないのではないでしょうか?
行き渡る所には行き渡った・・・と言う感じもある携帯電話市場ですが、この先どのような展開が待っているのか楽しみでもありますよね。

楽天リサーチと三菱総合研究所が行った携帯電話市場の市場調査をまとめたレポートを見ました。
その市場調査レポートに、携帯電話を買い換える時にその会社(キャリア)を選択する理由が報告されていました。
簡単に言えば、それが各会社(キャリア)の目玉となっているので、それは活かして、今後、選択されなかった理由を改善していってくれたら、もっとも使いやすい会社(キャリア)になってくれると言う事ですよね。

他社を利用したことの無い人のために、それぞれについてあげてみますね。
まず、NTTドコモを選んだ人の理由は「通話可能エリアが広い」「海外ローミング」を上げているそうです。
auを選んだ人は、「通話可能エリアが広い」「携帯電話機のラインナップ」「イメージ」「通話料金の安さ」を上げているそうです。
ソフトバンクを選んだ人は「通話料金の安さ」を上げているそうです。

この市場調査レポートを見ても、携帯電話市場は、auが健闘を見せているのがわかりますね。
と言っても、携帯電話市場の市場調査は、各個人がそれを見て判断をするものではなく、企業側が今後の改善や開発のために役立てていくのに使われる資料です。
これをもとによりよいサービスが提供される日を、期待して待ちましょう。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康食品の市場調査

健康指向が高まる現代において、食品に対する消費者の求める志向は年々変化しています。
その変化の仕方は実に多種多様ですが、まず言えることは消費者の知識が高まっている、ということです。

残留農薬や添加物がニュースで取りざたされ、ただスーパーに並んでいるものを購入することは危険ではないか、との考えがわたしたち消費者に生まれました。
食品は健康食品が注目を浴びるようになり、それを受けて企業側も健康をうたった製品を投入するようになっています。

企業側は新しい動きや流れをいかにキャッチするか、どのように市場を展開していくか、市場調査を利用することは必要不可欠です。
インターネット上でも健康食品項目を掲げた市場調査報告を数多く目にすることができます。
ある健康食品に関する市場報告書によると、日本のみならず、欧州・米国・中国など世界の市場を対象に、カテゴリーを「健康食品」と絞って調査しています。
調査報告書を依頼することによって情報を得ることができます。

健康食品のマーケットレポートは、有機食品、活性食品、栄養補助食品、ダイエット、オーガニック、サプリメントなど細かく項目をわけてレポートを報告しています。
レポート作成も大変興味深く、たとえば特定補助食品を取り上げている項目は、「ヨーグルト」といったようにその中で食品ごとに市場調査を行っているのです。
レポートでは男性のヨーグルト消費動向、フレーバー傾向など戦略を含めた情報を知ることができます。

まず最初に、市場調査を活用して健康食品の動向を戦略へ組み込むことが第一となります。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査におけるマーケティング

新聞につづいて、テレビやラジオといったメディアが発達し始めたのがちょうど日本高度経済成長期です。
経済をうなぎ登りに成長させ、日本を発展させていった日本企業は、世界に目を向けることはもちろん、日本国民の豊な生活を確立するために様々な努力をしてきました。

企業努力として絶対に欠かすことのできない項目が、市場調査です。
ひとつのも目標を達成するため、あらゆる情報をマーケティングしなければなりません。
企業PRも同様、何を目指し何を売りにしたいかをはっきりと公言し情報を発信することが重要になるのです。

市場調査はイコール、マーケティングである、といっても過言はありません。
緊密で緻密なマーケティングこそ真の市場を把握することができるのです。

マーケティングとは、よく理解できていないあいまいな要素を明らかにすることです。
ひとつの情報を得たらその情報を分析し、次の情報へとつなげていくのです。
緻密な分析の積み重ね、それが市場調査を完成させその結果を市場もしくは企業に反映させることができるからです。

物事の本質を見抜く、こともマーケティングの鍵を握る分析力のひとつです。
世の中の流れは、どんどん速くなっています。
いつまでも違う概念を固定化していたら次の新しい情報を吸収することなんてできないのです。
いかにその目的のポイントの本質を見抜くか、そこに重要な情報が隠されています。
市場調査は私たちの世の中をひっぱってゆく重要な道しるべなのです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話の市場調査

市場調査には、その用途・目的に応じてさまざまな市場手法があります。
ここ数年、最も多く効果的に使われているのが「携帯電話」による市場調査です。
情報収集を行う場合、いろいろな媒体を通してアンケートが行われます。
郵便ではがきを使ったアンケートや電話によるアンケート、パソコンを使ったインターネットによるアンケートなどあります。

マーケティングの対象となる項目によりますが、年齢層やアンケート実施層が広いほど偏らずに顧客のニーズを調査できるのです。
しかし、たとえば郵便はがきなどのアンケート方法は年齢層に問題があります。
10代・20代の若い世代の情報が集めることができないのです。
そこで、一番意見を取り込むことのできる媒体手法として「携帯電話」が使われます。

携帯電話による市場調査は、他にも「スピード」があるという利点もあります。
携帯電話は常に持ち歩いているモバイル媒体です。
何か情報を求めた場合の回答率も回答スピードもほかの調査方法に比べて断然早く集めることができるのです。
そして、値段も安いということです。
やはりこれも市場調査を依頼する場合の重要な着眼点になります。

携帯電話のマーケティングの利便性は優れた点がたくさんあることを述べましたが、その反面、考慮しなければならない問題点もあります。
利点の一つの「若年層」の利用・回答率の高さが優れていることの裏返しに、中年齢層、高年齢層の回答を得にくいことに注意しなければなりません。
目的に応じて、いくつかの調査方法を組み合わせることによって、本当に知りたい情報を得ることができるのです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化粧品の市場調査

つぎつぎに新しい商品が店頭に並び、CMの顔になるモデルや女優が美しい姿で登場するという早い時代の流れを持つのが化粧品の市場です。
市場の波に乗り遅れないために、必ず進めるのが市場調査でもあります。
化粧品の市場調査は決めの細かいマーケティング調査を行うことが大切で、それぞれの消費者のニーズにあわせて次の新製品の投入とタイミングを計ることが勝利の決め手になるのです。

現在の化粧品の市場は大きな時代の潮流としては縮小傾向にあります。
背景には「低価格商品の高機能化」にあり、消費者は安く需要を満たしてくれるコスメにお金を出す傾向にあるのです。
もうひとつ、マスカラやネイルケアなど小さなアイテムを数多く集める傾向がみられます。
たくさんあつめて購入すれば個人の保有率が上がります。
個人の保有率が上がることで今度は市場の伸び率が悪くなるのです。
そうなると、もっと安くという低価格化に拍車がかかる、という大きなサイクルを見ることができます。

化粧品の市場調査にはコスメだけでなくスキンケア・ヘアメイク・ボディケア・メンズコスメなどに分けることができます。
女性のコスメは低価格化が進んでいましたが、スキンケアは反対に市場の伸びが見られます。
コスメ同様高機能化の需要が大きく占めますが、その需要量は拡大傾向にあるのです。

ヘアメイクの市場調査はおもしろい変化を捉えることができます。
それは大幅な下降傾向にあるということです。
その背景はヘアカラーにおいて明るいトーンの需要が減少したということです。
アジアのなかの日本というような本来のダークトーンにたいして主流が推移していることが大きな変化のひとつになっているのです。

一方、化粧品の市場調査においてこれから注目すべきアイテムもわかります。
それは、マスカラ・リップクリームなどポイントを絞ったスポットケアです。
目元や口元といったちょっとこだわりのある部分に焦点を置いている消費者が増えているためです。
私たちもちょっと注目してみる価値が十分にあるようです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査の動向

市場調査ニーズは、多岐面に広がっています。
新規参入に際しての情報、特定市場の調査、ジャンル別各商品情報、自社商品の動向など「成功へのカギ」を探るためには必要不可欠になるからです。

市場調査はあらゆる観点からその分野の動向を調査します。
まず、消費者の動向です。
消費者の利用実態を把握したり、他社に比べて何が優位で何を課題としなければならないのかを分析します。
消費者の評価を知ることによってはじめて実態を知ることができるのです。

自社の課題点を探ることができたら、消費者のニーズを反映させなければなりません。
このとき、市場調査では電話調査や郵送調査、近年ではインターネット調査が一般的に行われています。

一方、技術や製造の動向も市場調査します。
目的の生産状況を理解することにより現在の生産能力を分析し、今後の販売費などを検討することができるからです。
生産の能力の分析には、現状の開発の方向性を割り出し検証することが必要です。
その結果に対して専門家さらなる意見を知ることで今後の動向が見えてきます。

最後に、プロモーションを知ることです。
消費者に対して、購入利用の意向や競合の比較など自社のポジションを明らかにすることは将来の戦略に重要な役割を果たす情報です。
一人の顧客としてどのように感じ、どのような課題を分析するかは特性の抽出とブランドイメージを作り上げることができます。
この点を理解しているかしていないかで、流れが大きく変化するのです。

企業活動にさらなる発展をとげるために、市場調査は情報分析のカギを握っているのです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場調査の方法

「市場調査」とひとことにいってもその調査方法は、さまざまです。
メディアが発達する前は電話や街頭調査など、いわゆるアナログ方式の市場調査が一般的でした。
しかし、現在はインターネットに代表されるようにメディアが著しい発達を遂げ、マーケティングの方法がますます多様化になってきました。
注目されているのが、「ネットリサーチ」です。

「ネットリサーチ」とはインターネットを利用したマーケティングをいい、携帯電話を利用したモバイルリサーチもそのひとつです。
ネットリサーチの利便性は言うまでもありませんが、それ以外にマーケティングの分析スピードが重要なのです。
インターネットという方法を利用すると、マーケティングデータは自動的に集計されるため顧客のニーズに早く答えることができます。
また分析力に関しても、人間と違いコンピューターのほうがより性格に結果を出すことができます。

市場調査の方法は、従来の電話リサーチ、郵送リサーチ、街頭リサーチも多く利用されている方法です。
というのも、ネットリサーチの利点だけを眺めるのではなくネットリサーチだけに頼っていては危険である側面を持ち合わせているからです。
その側面とは利用者層にあります。
携帯電話でもネットリサーチが実施され、パソコンは苦手という方もずいぶん利用できるようになっています。

ただ、その割合が低くなっているというだけで、実際にコンピューター関係には触れないという消費者層が多く存在します。
たとえ、数%の割合でもそれが市場調査の分析に大きく影響します。
より正確な調査の結果を得るためには、様々な方法を展開して調査が行われているのです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク