2011.04.26

日々ビジネスで頑張って、その先は


ネット上で最短最速で稼ぐことができるのは、

オークション(ヤフオク、ebay、タオバオ)や、せどりですね。


アフィリエイトは、最短最速で開始できるのですが、

稼げる前の期間がかなりあります。


では、アフィリエイトの在庫を持たない、場所に縛られない

その利点をオークションにも取り入れる方法はないのか。


そんな矛盾を解決する手段として、

こんな情報があります。

マネーストラップ

立ち読みできるでの、まずは、読んでみることです。

動画は1時間近くあるので、内容を読まなくても、アウトラインをつかむことができます。





商売、事業、ビジネス

なんと呼ぼうと、行きつく先は、オリジナルブランドであること、

それが戦略です。


今稼げているから、このままでいいや。

そんなにすごいこと目指すことはしたくない。

普通でいい。

誰もやってないしょ。


それでもいいのかもしれませんが、

21世紀のキーワードは

『チャレンジしないリスク』

であることを忘れないことだと思います。

今までの方法や考え方に安住していた人や企業が

とんでもない事態になっていることを

我がことのように感じていけば、リスクが避けられ、

好きな事業を発展させることができるでしょう。

2011.02.16

国民って誰?

よく、報道番組の街頭インタビューで、
「国民は怒ってますよ」なんて人を見ると、
いつからこの人は国民代表になったのか?

と皮肉ってみたくなる、私です。


真面目に商売する人間には、こんな思い上がった考えは
できませんね。

「これは売れるぞ!」なんてものが売れたためしがない。

「まさか」と思うものが人気商品になる。

珍しくもない、商売での日常茶飯事のことです。


菅総理を見ていると、
ピーターの法則がそのまま当てはまっていることに
改めて納得してしまうのです。

組織内の昇格は、その人の無能レベルで停止するので、
上から下まで無能で埋められという法則です。


7つの習慣の中で、
団体の考え方を原則に沿ったものにするには、
という問いに
「あなたは奥さんをどう扱っていますか?」と聞いてみたら、
黙ってしまったというエピソードがあります。

日常の習慣がそのまま大きくなって反映しているだけだということです。
私生活がうまくいっていないのに、仕事だけうまくいくはずがない。

これは、真実だと思います。


残業ばかりで、ほとんど家にいたことがなかった頃、
不満を漏らす妻に、仕事の重要性を解いてもしかたないと気づき、
プロジェクト開始前に十分な家族ケアをして、
それから自分の事情を話すという順序を覚えました。

これも、7つの習慣の
理解してもらう前に理解するという原則です。


7つの習慣が世に出たとき、その致命的欠点をすぐに見つけました。

この本を買う人は、すでになんらかの実践が出来ている人で、
本当に必要とする人は、買う気も起きないという欠点です。

なので、この本に書いてある通りに、
他人に教えることで、理解できるということの
実践が大切です。


わかったつもりで、関心の輪だけで生きる人生から、
影響の輪にフォーカスする価値ある人生を選択していく
時代です。

2010.10.25

環境が人を創る

3年前のことです。

アメリカでかなりの高額所得者であり、

世界的に有名なカリスマトレーナーを生みだし、

自身も巨大企業を複数創立した人のメッセージを

直接拝聴する機会がありました。


まず驚いたのが、謙虚な姿勢です。

まったく上から目線がありません。

握手した手は、とてもやわらかく、暖かでした。


そのスピーチで印象的だったことがあります。

「正しい場所にいなさい」

でした。


とかく、「正しいことをする」ことに注目し、

スキルを磨き、資格を取り、懸命に努力する

そのような行いに重点を置く傾向になりがちです。


でも、「正しい場所にいる」はそれよりも

もっと、もっと、重要なことです。


何かにチャレンジしようとするごとに、嫉妬され、

足をひっぱる人ばかりがいる場所にいるよりも、

他人の成功を我がことのように喜び、励まし、

応援してくれる人の中にいるほうが、

大きなことを成し遂げることになるでしょう。


私の飛躍も場所の変化が大きいとわかっています。


どの場所を自分の心地よいところとするかで

人生が決定されるかもしれません。

2010.10.23

日々は二度作る

昨日、一日中過去6年分のモチベーションシート
をスキャナで読み取りPDF変換し

iPADで眺めていました。


人生は二度作られることがよくわかります。


思いの中で組み立てていたライフスタイルが
今は目で見えるかたちになっています。

過去の考えていたことの記録なのに、

現在の日記かと勘違いするくらい、
リアルです。

面白いことに、
iPADは拡大できるため
紙では読み取れない自分の字も
読みやすいのです(゚o゚;;


自分だけの電子出版です。

毎日書く意欲が増してきました。

2010.10.03

プロは手帳が作る

プロになるとどんなメリットがあるでしょうか。

お金をもらえる

というのは、ないですね。

プロだから払う、アマチュアなら払わない。

なんてあり得ません。

仕事や製品・サービスの価値が代価となるかどうかで
払うのが普通です。

プロになるというのは

『プロのレベルの仕事をします』という自分への宣言です。


では、どれくらいの覚悟があるのかな?


最近は『手帳』を確認することがあります。

意外にもっていないという人が多いですね。

それは『漂流型』とします。

外出する時、行き先を考えずに出る人はいませn。
たとえ散歩でもある程度のイメージを持っています。

手帳がないということはイメージをはっきりさせていない

つまり人生の漂流者です。

それではプロ宣言を保つことも難しい。

出来事や他人の意見などに流されやすく

たとえ頑固であっても、気づかないうちに影響されているのです。


自分軸を日頃から明確にする習慣は手帳からです。




2010.07.29

やっぱり、売るのは自分自身でしたね

Twitter、Ustream.TV、Facebook

最近、こんな言葉が横行しているので、

その中でも世界一という人が何を考えているかを知りたいという好奇心で
最近買って読んだのが、

〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)

〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)

  • 作者: ゲイリー・ヴェイナチャック
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2010/07/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




この人のすごさは情熱でした。
そして、時代解釈の強固な確信です。

なんとなく時代が変わってきたという意見を一刀両断。
本当に完全に変わってしまったんだよ。
そう言い切ります。

言われてみて、確かに変わっているのです。
だから、従来の常識を持っていない人間が成功するのです。
私も便乗しております。ハイ。


機械のように使われたくないと思いながらも日々奴隷のように仕える生き方を変えるチャンスです。

どういった考え方をしたら、そうなれるのかをこの本で読み取りました。

朝の目覚めが一段と快調になりましたし、
新しいアイデアを使うつもりです。

2010.05.20

心の栄養を摂ってきたからやってこれました。

こんなオーディオブック「自分を不幸にしない13の習慣」
という教材が好きです。




自分と会話すること、どれくらいの時間とっていますか?


私の場合、毎日2時間くらいはとっていますね。

それくらいは必要です。
ないと、不安になります。


休みなく働いて、そのうちゆっくりしよう

というのが、常識的かもしれません。


でも私にとってはそれは失敗人生なんです。

忙しいとは心を亡くすことです。


今日ゆっくりできないのに、いつゆっくりするのか。

やらなければならないことが発生する前にやりたいことを作っていくのが
私の方法です。


体には美味しい食事をご褒美にしています。

心には、優れた思想をご褒美にしています。


どちらも体と心をわけることはできないのですね。
相互に強めあいます。


自分への投資が、また働くための原動力です。


2010.02.08

うまくいっていないなら○○ことをやれ

すごくすがすがしく感じる光景は

人が変わっていく姿ですね。


逆に見るも見ないもないのが

変化を嫌う姿。


ジェームス・スキナーという人を
ご存知かどうかわかりません(私のメンターは知りませんでした;)が

常に変化というものを大事にしている筆頭だと思います。

もしかしたらほとんど毎日ジェームスの言葉が頭の中でエコーしているかもしれません。

壁にぶつかったときは
「うまくいかないなら違うことをやれ、なんでもいいから」

「え?なんでもいいの?」
なんて、自分で確かめていたりします^^


『言葉の力』は、誰もが認めるものです。

それを本気で信じた人に『夢が叶った』という幸運がやってきます。


信じなかった人には・・・・

昔のままの自分がいるだけ。。。。


もしも、自分もそしてまわりの家族やお友達、仲間や同僚にも『良いこと』が
きたらいいな、

と思うならば、幸せになるための『言葉』をためこむことです。


無料でセミナーが自宅で聴ける機会を使ってみましょう。


最低でも3回は聴いて欲しい。

何故?

自分も回りの人も3回以上聴いている人に変化が現れているから。


くだらないテレビには2時間以上もかけられるんだから、

ジャンクフードよりも栄養のあるおいしい食べ物がいいように、

自分に『言葉』の栄養をつけてあげよう。


メルアドだけで聴けるんだから。



さっそくクリック!
タグ:成功 仕事 家庭

2010.01.01

自分しかいない

人が急に成長を始めるときのきっかけはなんでしょう?

きっかけはいろいろあるにしても、それで何が変わるかというと、

『当事者意識』を持つようになることだと思います。


つまり、「自分がやるしかない」という気持ちです。

人に雇われている人は特に当事者意識が必要です。

これからの時代は当事者意識の欠如が厳しい暮らしに陥る確率が高いからです。


では、自営業である、在宅ワーカーはどうでしょう?


この場合、自分しかいないのは意識以前に当たり前のことなので、

逆に「なんでも自分でやる」ことに慣れてしまい、何でも屋さんに

陥る確率を高めてしまいます。


以前、コアコンピタンスについて書いたのですが、

何でも屋さんは、専門性の迷子状態になってしまい、

御用聞きビジネスに落ち着いてしまいます。


それでは通勤している会社員よりも忙しくなり、切り替えもなく、

ストレスいっぱいです。


我が家は固定電話を所有していますが、仕事では使いません。

固定電話が鳴れば家族全員に影響します。

だから、昔の在宅ワーカーは自宅に複数の回線をひいていました。

携帯電話のおかげで、起業しやすくなっていますね。


仕事のリズムの切り替えは大切ですし、専門性の限定も死活に関わるものです。



2009.12.09

アイデアひらめき 方法?

アイデアはどこから来る?

必死に考えている時に出てくることがあれば、

トイレ、散歩中、入浴中、寝起きの瞬間、、、突然ひらめくことも。


偶然ばかりに頼っていられない人は、

自分に質問を投げかけるのが効果的です。

人は何かを聞かれると善人・悪人、どちらでも答えたくなる習性があります。

だから自分にもうまく質問すると、思わず答えてしまう。

例えば

気づいた人はうまくいく!―ビジネス・チャンスの見つけ方57

気づいた人はうまくいく!―ビジネス・チャンスの見つけ方57

  • 作者: 阪本 啓一
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本



P23
『カタチのあるものはカタチのないもので売る、
カタチのないものはカタチのあるもので売る』

もみじ饅頭(カタチがある)の由来は明治時代、伊藤博文公のある一言がきっかけ(カタチがない)

外の力を使う(他人との会話、本、CDなど)と意外な発見が出てくるのです。

2009.12.07

何故、インターネットに情報を出したのか?

2001年にホームページを立ち上げて以来、たくさんのブログやサイトを立ち上げてきました。

そもそも何故ホームページを立ち上げたのか。

そんなことに興味はない、と言われるでしょうね。

なので、今日は単なる日記です。独り言です。


私は以前プログラマーだったので、保険代理店になって営業活動の日々でしたが、アルバイトでプログラミングもやっていました。

主にエクセルとアクセスを使っていたのですが、
あるシステムを収めた後、急に変更が必要になり、
翌日の午前中に収めるので、朝6時までに完成させてくれということでした。
内容から見て経験的に楽勝だと思って引き受けたのですが、
何度やってもうまくいきません。
時間はどんどん過ぎて午前1時過ぎになって、完全にお手上げになりました。

今さら電話できるところもなく、何度も見直しても間違いはありません。
検索しても何も出てきません。

絶望です。

そこでふと、参加しているメーリングリストを思い出し
Access仲間のところで過去のやり取りを検索してみました。

なんと!2名ヒット!!

まったく同じ現象で苦しんでいたことがあり、
結局マイクロソフトのバグだと書いてありました。

そうだったのか!

それじゃ別の方法をとるしかない。
だんだん夜が明けてきましたが、なんとか6時に間に合いました。


なんて素晴らしいんだろう。
まったく知らない人たちが助けてくれた。

その後もプログラミングに限らずいろんな助けを得てきました。

自分も恩返しをしよう。
知っていることを公開して困っている人の役に立ちたい。

それからずっとネット検索が大好きです。


あなたの発信もどこで誰の役に立っているかわかりませんね。

2009.05.13

精神論以外の方法で自分を1時間で変える方法

人が変わる瞬間を何度も目撃してきたので、
その方法をもっとわかりやすく伝えてあげたいと思ってきました。

ちょうどぴったりの無料レポートを見つけました。

セルフイメージを上げる始めの一歩 今よりもっと深く自分を知るために



自分を苦しめている原因がわかります。

努力しているのに、結果が出てこない理由がわかります。

自分を解放し、前進していくための具体的な手段がわかります。


実は成功者はみんなやっていることです。

私もやってきました。
私のメンターも常に実行しています。


私のハンドルネーム ちょいとメール

メールというツールは、人を励まし、慰め、ねぎらうメッセージを
送信するものです。
言葉で人を励ますことが私の使命だと思ってきました。
そこから来ています。
フリーソフトウェア「ちょいとメール」を作成し、
メールの送受信を簡単にしてあげたいという気持ちもありました。
(今は操作が簡単なソフトが増えたので、使う必要のないものですけど)。

あなたも今日変われるかも。

2009.04.28

誰を真似ているか?

勉強していない人ほど「オリジナリティを大切にしています」を
口癖にしていませんか?
そういう人、回りにいるでしょう?

常に誰かを真似ているのが真相であり、

ここが重要ですが、

ほとんどの人が「自分自身」を手本にしていることです。

だから人生は変わりません。


真似ることも技術。

2009.03.05

もはや、在宅も超えて

在宅ビジネスになってから、すでに16年。

もはや、在宅でもなくなり、全国どこでもOKになっています。

モバイルパソコン そして イーモバイル
DSCN1645.JPG

すぐに起動できて、インターネットにADSLのスピードでつながる

どこでも仕事できます。


そして 

DSCN1645.JPG
携帯電話


もちろん、ここまで来るのにいろいろな工夫を重ね、
仕事の内容も場所を選ばないものにシフトしていきました。


シフトしていく方法は、明確な願望と妥協しない精神です。

ついついこの辺でいいかと中途半端に妥協すると、
場所限定の仕事が残り、そのわずかな仕事が全体の足を
引っ張ることになります。






2008.10.29

人生を変えたい

「真似る」

結局生まれてからずっと真似ることでしか学べない!

この気づきで大成功への道が開けます。

オリジナル、なんて言葉は真似ることが出来た人にだけ許されること。

子供の頃、まねることをなじられた経験ありませんか?

でもスターに憧れ、しぐさやせりふを真似る

ビートルズのコピーでどれだけのスターが生まれたか、誰も数えることはできないでしょう。

本や教材がメンター、

それじゃいつまでたっても変われません。

本物に出会うこと、それ以外に変われる方法はありません。

2008.09.03

情報インプットをやめる

ネガティブ思考を排除するために、
新聞を読まない、ニュースを見ない
を続けてきました。

そして、今はインターネットもそれ以上の有害情報源と
なってきました。

何もうまくいっていない人がさもすごいようにセールスレターテクニックだけで煽ってきたり、だまっていてもスパムメールが何百通も届く。

インターネットが登場した頃は、ゴミサイトが多くて、
今は有害サイトが多くなった。


結局いいものは必ず人から来る、益々そうなっています。


このブログすら、役に立つのか?

なんて反省に基づき頑張っています。

いろんなことを試してきて、自分から自然と発信できるものが
本物だと信じることにしました。


自宅にある情報商材を処分したらすごいゴミの量でした。
パソコン内のPDFなら地球いっぱいにしてしまうかもしれません。
でも印刷前に削除。これでよし。

本も使っていないものを処分したら、自分が変わって行くのがわかります。
いつか使う本は、いつか何かする人生を象徴しています。
その「いつか」はやってきません。

ビジネスチャンスを逃している人たちと同じになってしまう。

2008.08.13

熱くなるとき

何か心の奥底が熱くなるとき、ありませんか?

暑くではありませんよ^^
確かに暑いでしょうが。

腹が熱いのは病気かもしれません(^_^;


こみあげてくる、熱い思い。

パッション 

そう呼ぶ経営者もいます。


インターネットは文字情報の世界。

でも人を動かすのは、情報ではなく、情熱です。

どちらも情がつくんですよね。


報なのか熱なのか。


人は正しいことばかり並べていると、報報報で、冷えます。

夢を実現したい、それは熱です。


クーラーをかけても、心にはヒーターを。

2008.07.22

歴史の深さがないIT分野

コンピュータの仕事に就いたとき、覚えることがたくさんあって、
面白かった。

だんだん仕事がきつくなっていって、研究を重ねるようになり、
難しさを味わうようになった。

あるとき、ふと気づいた。
コンピュータなんてたかだか30年の歴史(当時)。
まだ2世代プログラマが存在していない。

そんな浅い歴史なら、いろんな人が偉そうに言っていても、証明が十分でないものばかりだ。
自分なりのアイデアがまさっていることのほうが多いかもしれない。

そう思うようになってから、システムのレベルがぐんぐんあがり、全国的に知られるようになりました。


記録とか常識とかは、枠となって、発想を限定します。


スポーツの世界でよく「前人未到」なんて表現がされますが、それも人を限定的にさせる言葉です。
一度記録が破られると、次々と塗り替えられ、あの前人未到はなんだったの?と思うことが頻繁にあります。



インターネットもITもたかだか数年。
それですべてがわかったというような情報が氾濫しています。
そんなわけありません。
歴史の検証が済んでいない、すべて瞬間風速です。

瞬間風速50メートル。
ほんとに瞬間です。


インターネットも瞬間風速ばかり。
自分の発想を試してもみないうちにあきらめることはありません。

2008.07.11

突然リーダーになってしまったら

「気づいたらリーダーになっていた」

こんな経験、された人、いらっしゃるでしょう。

そして、まさに今それでストレスを感じ
責任の重さに押しつぶされそうなときかもしれません。


人は指導する人、指導される人に分かれる。

そう言ったら反感をもたれるでしょうか。

でも、事実だと私は思っています。

指導する人は指導力を磨き、指導される人は指導される力を磨くのです。

適材適所、それぞれの居場所があり、使命があるのです。


リーダーになったら、リーダーから学ぶしかありません。

リーダーに育てられた人に学ぶことはできません。

リーダーから学んでください。

【実録】成功するチームの作り方〜あなたの利益を倍にする59日間チーム再生プロジェクト

ここには、よく耳にする組織の活性化が描かれています。
それなら、知っているよ。

はい、そのとおりです。

でもよく聞く成功談のその後が気になりませんか?

一番難しいのは、継続、発展、拡大です。
そして、引継ぎです。

誰でも一度はホームランを打つことがあります。

でもヒットを打ち続けることのほうが難しく、
そして価値が高いのです。

リーダーになった人、リーダーであることで強烈なストレスに
ある人に学んで欲しいです。


【実録】成功するチームの作り方〜あなたの利益を倍にする59日間チーム再生プロジェクト

2008.06.11

目標に近づいていることを数値にしたことありますか?

独自の手法で数多くの大企業のコンサルティングで高名な矢矧晴一郎氏が現役時代に使っていたノウハウをとうとう一般公開されました。

あなたの夢と目標を120%かなえるYS法

147ページもある、この貴重なレポートが無料でダウンロードできます。

こんな方法があったのか!
新たな知識欲がでてきました。
今は無性に学びたい、自分のものにしたい、今やり始めたインフォプレナー、アフィリエイター、の本業に活かしたいという気持ちでいっぱいです。

学ぶということは、本当に楽しいことです。



「YS法」は矢矧晴一郎氏のコンサルタントの根幹を担う理論のため、これまで一切明かされることがありませんでした。

第一線を退かれた矢矧晴一郎氏は、この「YS法」を公開することを決意されました。


その数多くの著作はどれほどの人の人生を変えてきたことでしょう。

アマゾンリンク