2011.05.07

日本人はチームが苦手???

刑事ドラマやサスペンスが好きなもので、

よく観るのですが、

日本と海外(おもにアメリカ)の違いを感じます。


それは、日本は人のきずなを強調することが多く、

アメリカは、正義を強調することが多いように思います。

個人的勝手な感想ですが、

その背景が面白いです。


アメリカはチームで行動し、日本は組織で行動します。

実は日本人のほうが一匹狼的行動が多く、

その基準が皆がやっているからという複雑な心情であり、

アメリカは連帯を意識します。

基準は自分が正しいと思うからという個人主義です。


実は、「一生お金に困らない!キャッシュマシンの作り方」を読み続けているのですが、

この中でチームを作ることが必須になっています。


これが、難しいのです。

成功している人たちはチーム作りが上手です。

日本なら成功しやすいだろうと思うと、落とし穴があります。

さきに書いたように、一匹狼的行動がベースにあるのが、日本人なのです。

そもそも【チーム】自体が英語ですからね。

2011.04.14

輸入ビジネスを始めるとすぐに欲しくなる

輸入ビジネスだけじゃなく、海外がからむと、すぐに欲しくなるのが、

詳しい人の助言でしょう!


試行錯誤しようにも、その手前で立ち止まりたくなる、

やはり日本人どうしで生きてきた習慣では通じないものがあります。


そんな欲しくなるサポートといえば

仕入れ先の発見や、流行っていること、

英語のやりとり、代行仕入れなどです。


今、私がお試し中なのが、

UNITY TREASURE SNS

まず、15日間、無料お試しします。

気に入ったら、継続できる、

まさに立ち読みできる状態なのです。


翻訳サービスだけでも数千円とられるのに、

これは、かなり便利でしょう。


2011.02.16

在宅の収入限度を上げる

7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則
の中で、エンパワーメントの重要性とプロセスが強調されています。

エンパワーメントは、他人を認め、任せていくことですが、
実に難しい。

10代からチームリーダーになることが多く、
会社で大きなプロジェクトを5つ背負ったことで、
心底思ったのは、

一人でやって、うまくいかなければ、自分の実力だとあきらめられることです。

チームでは、最小律の法則のように、最大の弱点が、結果すべてを支配するのです。


その後、一人でやってみて、気づいたことは、

確実に成功の精度があがり、思い通りになること、

同時に、決して規模の拡大は望めないことでした。


つまり、チームはハイリスクだが、ハイリターンにもなりうることです。


2011.01.12

ビジネスの計画性

ナポレオン・ヒル博士の「思考は現実化する」のおかげで、
たくさんのチャレンジをしてきました。

目標を実現するための考え方やテクニックにおいて、
もっとも優れた教材だと思います。

でも、ずっと疑問だったのは、計画性の重要性を教えられても、
その具体的方法が出てこないのです。

私のなかでは、計画を立てることに、弱点があると自覚してきました。


結果として、毎年違う手帳を使うことになり、
計画性が高い一年を過ごしたいと思ってきました。


昨年は、マンダラ手帳のおかげで、かなり充実感を得ました。


今年は、原田隆史さんの手帳で、しっかりと学びます。

原田隆史さんの手帳は、とにかくたくさん書く、ものです。

書くのが苦手な私には、修行になります。


もう一つ、昨年末からご指導いただいている、松宮義仁さんの

シンプルマッピングと、LDSPサイクルです。

LDSPのLは、学ぶこと。

最初に「学ぶ」が来るところが、私のお気に入りです。


画期的な仕事のサイクルとなる方法ですね。

2011.01.03

ジーニアスコード、天才に聞く

ほとんど使い物にならないくらい重くなったパソコンの
速度向上のため、HDをSDDに移行しようとしたら、

コピーを始めて40時間以上経過して、終わる様子がなく、

これはダメだ。

ということで、完全に行き詰まり、

天才の力を借りることに。

ジーニアスコードを読み取る手法の中で

天才を借りる

を使うこと。


パソコンの天才をイメージし、

相談すると

きちんと教えてくれました。


さっそく、その通りにすると、

わずか1時間くらいの作業で、すっかり問題にならないくらいの

改善がみられ、先日購入したパソコンよりも速くなりました。


今までの数週間の苦労はなんだったのだろう。


2010.10.07

次々と本が消えていく

また、20冊、PDF化のために発送しました。

もう、手元には本がほとんどなくなりました。

もともとのPDF文書も捨てて、iPadに取り込んでいるので、毎日大量のゴミが
発生しています。


昨日から今日にかけて、2冊の本をばらばらにしてスキャナーで読み取り、
電子化しました。


そんな中、海外の本を翻訳して送ってくれるサービスの今月本が届きました。

なんと、400ページ超のグーグルアドワーズの本。

これは、いらん!


即行、解約です。

ちょっと、残念。毎月楽しみにしていたのに。

こんなのいらん。

2010.10.02

とにかく本が増え続けるので、思い切って

毎日のように増え続ける本

フォトリーダーであっても、いや、フォトリーダーだからこそ、

本は大切です。

いつでも必要な情報を引用し、誰かのお役に立てるように。

それにしても多い。

これでは次の本を購入することをためらってしまう。

そうだ!

全部PDFにしてしまおう。


と思ってスキャナやプリンターを検索していたら、

代行サービスがあるじゃないですか。

さっそく、申し込みました。

すると、返事が来るまでに2週間くらいかかる?

それじゃ、遅すぎる。


いいや、早いところもあった。

結局2つの会社にお願いし、合計60冊が本棚から消えました。

すでに昨日、ブックオフに20冊渡しているので、

合計80冊が消えました。

スカスカ。


でももっと減らせるぞ。

そして、PDFを増やすぞ。


なので、スキャナまで注文しました。


EPSON Colorio フラットベッドスキャナー GT-S630 4800dpi CCDセンサ A4対応

おまけにiPadまで予約してしまった。

とにかく、これで身軽になれるし、どこでも事務所がますます実現します。

2010.09.26

人尊重の時代

子供の頃から反抗することが多く、

その癖が抜けずに、その時々の所属する組織で問題児となってしまって、

今日まで。


組織のために人が犠牲になることが、『恐怖心』まで感じる体質です。

逆に一人のために全員が振り回されるのも大嫌い。

矛盾のように言われるけれど、自分の中でずっと一貫しています。


チームを運営するとき、一人一人が大切にされ、そして全体の調和も大事にする。

それが矛盾だとは思えません。


面倒なことだといわれたけれど、面倒だから手抜きしようとは思えません。

そもそも人の事って、手間をはぶけないのです。

自分のことは省いてください、手抜きしてください、

そんな風に思う人はいないわけです。


誰でも自分を大切にして欲しいのです。


でも、自分は自分自身を大切にしているかというと、

意外に適当に処理している人が多すぎるのも、問題です。


例えば、あなたの手帳は、誰の予定が多いですか?


スケジュール管理とカタカナを並べても、ほとんどは、他人の都合を自分の時間割に
埋め込んでいるのです。

つまり誰かのための人生を手帳に書いているのです。


私の手帳は自分のことが80%以上を占めます。

つまり自分の人生です。


そんな当たり前のことをシェアし、互いを尊重できたら、その組織は素敵なものになるんではないか。

そんなことを毎日考えながら、プランを練っています。

それを裏付けてくれると思った本が


こうすれば組織は変えられる!―「学習する組織」をつくる10ステップ・トレーニング

副題が
「学習する組織」をつくる10ステップ・トレーニング

みんなが勉強する組織って、すごい可能性を感じます。


2010.09.03

毎日新しいアイデアを考え、やってみる

毎日20個のアイデアを出し、

そのうちの1つをやってみる。

この方法を今までに試してみたことありますか?

しんどいですよね。



億万長者のビジネス戦略


のアイデア数を数えてみたら126個ありました。

全部がそのまま使える環境ではないかもしれないけれど、

それでも、かなりの間、アイデアに困ることはありません。


アイデアがなくなって、することがなくなることほど、こわいことはありません。


毎日決まったことを繰り返すだけでうまくいく時代ではないからです。


今日読んだアイデアは、ほかの人がやっていることを自分の業界でやってみるという
アイデアでした。

これは成功率が極めて高い方法ですね。

私も結構使ってきました。

例えば、ネットの仕事をリアルにそのまま適用してみる。

これだけで、たくさんの人に喜んでもらえました。

私がやらなければ、そのような面白いことがあるなんて、誰も気づかないのですからね。

ネットにアクセスさえすれば何でもわかる、

というのは錯覚です。

知ってることしか検索しないのですから、かなり限定されます。

まして、ネットにアクセスしない人がまだ相当数いるのです。


どこにでもビジネスチャンスはあります。


2010.09.02

会計ソフトを選ぶ

昨日、今日は、会計ソフトを選ぶために

20時間くらい費やしました。


私の会社と妻の事業は、税理士さんに記帳からすべてお願いしています。

PCには弥生会計がはいっていて、以前はこれでやっていました。


LLP一躍は弥生会計ではなく、フリーにこだわりました。

これからの事業計画にも関係するのですが、

BOPにこだわっていきたいのです。

BOPとは、ピラミッドの底辺、つまり困窮している人たちのことで

BOPビジネスは、ビジネスを通じて自立を支援するものです。


私自身、低収入で困窮し、無収入が続いた時期もあり、

インターネット、PC、メール便、ブックオフなどの環境のおかげで
どれほど助けられたことか。


大きな資本が絶対条件だった時代は過ぎ、妻はまさにその象徴である
山一證券の倒産のときに、現場にいました。


お金のリスクを最小限にして成功するノウハウを提供していきたい、

それが理念です。


会社の経理もフリー、組合員の確定申告もフリーでできるように、

そして同様に底辺からチャレンジしたい人たちにもアドバイスしていきます。



自立してもらう

2010.08.25

法務局に行って来ました

参加される自営業の皆さんの期待も高まる中、

法務局に行って、必要な書類をもらってきました。

手元にある本や資料に書いてあるとおりにしたのですが、
すでに、法律も変わり、ほとんど官製の書類は無く、
CDにして提出するようになっていました。

なにげにカウンターをみると、今日申請した登記の完了日があさってになっていました。
「早!」

ところが、10月から札幌管轄に移行されるそうで、それだと距離もあるし、時間もかかるだろうという
ことで、なんとか9月中に完了しなければならなくなりました。

産業省の資料を見ると、2009年までの北海道のLLPは166件。

全国的にも4057件。

株式会社に比べたら、ほんとうにわずかな数です。



これからは、増えていくでしょうが、まだまだ目立ちます。


会社の基幹業務となるツールの確認も続いています。
中心となってくれる方が試行しています。

時代の変化はツールにも現れています。

これだけ普及したインターネットでも、まだまだ技術者の都合が優先されています。

それが企業の都合になり、顧客がわが無理してあわせているという場面がなくなっていません。

そういう点も新たな提案をしていきたいものです。

2010.08.16

「LLP」で検索していたら

まもなく創業するLLPのことで検索していたら、

個人事業、有限会社、LLP、3つの事業体を使い分ける

という横須賀てるひささんを発見しました。

詳しくはこちら


戦略を練るとか、ここまでやるんだなあとすごく感動しました。

その著書

小さな会社の逆転戦略 最強ブログ営業術 (ビジネスの王様)
をさっそく注文して、届くのが待ち遠しいです。


振り返ると、私も待ちの営業法でしたので、
攻める商材が欲しくて、ずっと探し続けた時期があります。

そして、来月起業したら、その会社向けの攻める商材を検討中です。

ビジネスは、A⇒B⇒Cと3段階で進めるもの。

それが顧客満足につながります。

まずAとなる人気商材を見つけます。

2010.07.30

こんなマニュアル

ナショナルのホームベーカリー買いました。

今時の家電は高性能です。
美味しいパン、お餅。

と、ここまではよかったのが

問題はマニュアル。

ピピっと鳴ったら、
ふたを開け
取消を押さない

取消を押してしまって、だめにしました。

電話したら、押さないようにかいてありますと。

心理学の知識なしの素人が適当に
作っているのです。

書いておけば責任がないと思っているのでしょう。

わざわざ書いてあれば、かなりの確率で押してしまうのが人の心理です。
購買心理学を少しでもしっていれば
常識です。

こんなレベルの仕事でもやっていけるのは
大企業だけです。

でもソフトバンクの孫さんは
マニュアルなんて読む人はほとんどいない。
だからマニュアルなしでできるように作りなさい。意味不明な関所を作らないと。

携帯電話業界でただ一人増収増益なのは、
意味があります。

2010.05.14

儲け話よりも、苦労話を呼び寄せよう

数々の儲け話を断ってきて、

「最高のビジネスチャンスです」なんて言葉に惑わされる人たちに
確信を持って「やめておきましょう」と言えるのです。


ビジネスチャンスは無限です。
ビジネスチャンスに飛びつく必要はありません。

それよりも、苦労する話に耳をむけましょう。


ビジネスモデルの創業期にかかわると、苦労します。
だから、たくさんのことを広く、深く学ぶことができます。


でも、直接関わる機会はほとんどやってきません。
それなりのスキルがなければ足を引っ張るだけですから。
声もかかわないでしょう。


今すぐキャンペーンに参加する!
21日から始まるビジネスに「ちょこっとだけ」関わることができます。


01:16 | 仕事の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.02.27

整理整頓がアイデアを生む

届きました。

これでスペースが空くぞ。

96枚もCD・DVDが納まってしまう。

iPhoneにほとんどのCDが入っているので、個別ケースなんて不要になりました。

iPhoneはヘッドフォンがなくても、CDプレーヤーみたいに聴けるので、もうCDプレーヤーさえ使わなくなりました。

在宅ワーカーにとって、まわりがシンプルになるのは、とても快適。


そういえば、

が届いたけど、この本も仕事の整理整頓でした。

机の上は脳の中を現す、というのが持論ですが、少しずつすっきりしてきました。

時々、大きなごみ袋を用意して、思い切り不要なものを処分するのは、
発想の転換になります。

2010.01.02

もしもあなたのToDoリストがいっぱいなら

しもあなたのToDo(やること)リストがいっぱいなら

だちに停止して

ジェームスの音声セミナーを聴いてください。


しも毎日たくさんのことをこなしていることに満足しているならば、
あなたの人生はまったくつまらないものになっていくことでしょう。


もしも音声セミナーをダウンロードして「聴き方」がわからないならば
質問してください。
たったそれだけのことであきらめるほど、あなたの人生は価値の低いものではありません。


っきまで、手帳をなくして1時間以上も探していました。

それはやることリストを見るためではありません。
ToDoリストは別のメモ帳で足りていますし、すぐに思い出せます。

手帳には人生の目標が書いてあります。
今、この瞬間も無駄な時間を過ごしたくないのです。
常に自分の軸を確認しながら生きていくのです。


ここまで目標に集中できるようになったのは、
昨年、ジェームスの音声セミナーを聴いたおかげです。


じく聴いた人から、自分の不成功要因を発見できたとメールが届いています。

すばらしい。

2009.07.11

経費節減

こんな時代に不思議なことがある

何故、出張費が莫大なのか?

なんで、インターネットを使わないの?


分進秒歩とまで言われるITの進歩。

しかし、人間は日進月歩ですらついていけていないのだ。


真剣に考えれば、すごいコスト節減になることがあるはず。

思考ツールなら、
マインドマップと

言わない

フィッシュボーンという手法がお勧め

アイデア不足、発想不足を解消し企画上手になる方法


[pr]出張費・通信費を削減して利益を生み出す=代理店も募集中

2009.04.03

USBメモリー活用

WindowsVistaになってから、ある機能が追加になりました。

専門的になってしまうので、詳細は割愛しますが、
パソコンは頭に入りきらないとき、ハードディスクに一部を吐き出しながら、
動作しています。
たくさんのソフトを起動しておいたりすると、それが頻繁になります。

すると、動作が遅くなります。
というのは、頭の速度とハードディスクの速度はかなり違うからです。

その吐き出しをUSBメモリーを使うことで動作を速める機能が追加になったのです。

USBメモリーはこれですね。


すんごく安くなりました。
8GBといえば、数年前のハードディスクの容量です。

これをWindowsXPでもできるようにしたソフトがあります。

eBoostrです。

有償なのですが、4時間だけ無料で使えます \(^o^)/

たった4時間?!

パソコンを起動するたびです (^_^)

それが意外に長いです。
4時間経過しても、困ることはありません。
元の速度に戻るだけですから (^.^)

パソコンを買いなおしたり、ハードディスクを交換するよりも
格段に安いです。

ハードディスクランプが点灯することが格段に減りましたよ。


続きを読む

2009.03.27

利益をこぼしているとき

原価計算をしっかり勉強しておいてよかったと思う。

売上げ=利益
と思っている人が多い。

正しくは、売上げからコストを引いた残りが利益。

コストの中身が問題だ。

これを計算していないと、いくら頑張っても、赤字になる。

ネットビジネスでは、非常に低コストで運営できることが多く、
原価計算を怠ることが多い。

人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル
を紹介したホテルは、よい方向に進んでいる。

原価計算によれば、アウトソーシングも選択肢として
使えるときもあり、無駄な設備を持たなくて済む。

戦略会計からみれば、Fの戦略になる。

続きを読む

2008.09.19

スパムメール

○ター○○○の○○木という人から毎日3通のスパムが届く。

不要なら返信してください。

返信すると受信拒否のメールが届く。

何度やってもだめ。

それで、毎日3通。
同じ内容の勧誘メールが届く。

電話した。

初心者なのでわかりません。

出たあ!

初心者と名乗れば犯罪行為がゆるされるのか。


解除の仕組みができないなら、送らなきゃいい。

それはできない。


これ、犯罪ですよね。

アマゾンリンク