2016.11.12

仕事の仕方で現状分析が欠かせない理由

野鳥撮影が趣味で、いろんな公園に出かけるのですが、
大きい公園だと、たいがい、公園内の地図が看板になっています。

初めて訪れたところや慣れていない公園はすごく助かります。
特に、トイレの場所は、最初に確かめます。

ところが、中には困った公園の看板があります。
詳細に描かれていて、トイレの場所も明確になっているのですが、

なんと、「現在位置」がないのです。

その気持ち、わかりますよね。
いち早く、行きたい場所がわかっても、今自分がどこにいるのか、
見当もつかないんです。

実際、探してみて、地図がないほうがむしろ良かったんではないかと
思いました。

その地図を作った担当者は、どんなことを考えて作業したんだろうと
考えてしまいましたね。

仕事の場合も同じことが言えますね。

何か新しいスキルを身につけようと思ったら、自分はどういう
位置づけなのだろうか?
簡単に初心者、中級者、上級者と分類されますが、
これが、時間やお金を無駄にする第一原因なのです。

でも、普通の考え方ですよね。

だから、どうしてあの人はすぐにマスターしてしまうんだろう?
この人は、迷うことなく、できてしまうのか?

こういう普通でない人、いませんか?

普通の人とやり方、考え方が違うのです。
だから、普通ではないのです。

特別な才能があるという人ばかりではなく、
普通でない選択を普段からしているから、
スタートは一緒でも、ゴールは違うのです。

その秘訣は、最初の立ち位置をしっかりわかっていることです。

普通の初心者という分類ではなく、
例えば、ジャンル分けで、どこが弱いか、どこはわかってすぐに
実行できるレベルか、強弱をつけて理解することです。

あるジャンルは、自分ではできていると思うけれど、もっと
レベルを上げたいというものもあるでしょう。

義務教育の頃の、みんな同じペース、同じところを学ぶという
非効率な学習をする必要なんか、まったくありません。

実は、義務教育といっても、できる子は、密かに別の勉強法を
やっていたんですよね。
つまり、年齢に関係なく、個々人で、学び方はいろいろあるって
ことです。

仕事から趣味まで、幅広く使える、この考え方で迷わず
行きたいところへ最短でいけるんです。


タグ:現状分析
09:58 | 仕事の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.10.14

仕事に行きたくない 対策に効く薬

会社に行きたくない。
kaishayasumu.jpg

思わない人、いないと思います。きっと。

私も何度もそう思いました。
でも、そう思わなくなったとき、転職しました。

毎日、時間に追われ、仕事に追われ、なにもかもに追われ、
そんな繰り返しの中、何かがはじけたのです。

このまま、周りの環境や人のせいにして、いろんな言い訳をして、
時間だけ経過して、年をとっていく、
そんな人生にいつ別れを告げるのか?

今でしょ!

そんなノリで会社をやめたのですが、社長や友人、取引先の知人
から止められ、挙句の果てには、応募したいろんな会社の人たちから
戻りなさいとたしなめたりして、転職の決意は間違いだったのかと
ゆらぐときもあったりで、そうこうするうちに、それほど希望して
なく、滑り止めだった会社から、電話がかかってきて、ほとほと
困り果てていたことで、入社しました。

で、そのころには、仕事に行きたくない病から、仕事のどこを
改善したら、もっとうまくいくのか?どんなアイデアがいきるのか?

毎日、そんなことを考えながら目覚めて、会社に着くまでに
実行計画ができるという連続です。

そういう風になったら、そうならない前の生活には戻れない。
ちょうど、自転車に乗れた日と同じです。
乗れない日々は、また今日も乗れなくて、友達に馬鹿になれるんだろうな、
と考えてばかりが、乗れた途端、もう乗れない状態には戻れない。

これが習慣の力なのですね。

転職してから、やがて、起業して自分で会社運営するに至る
大事なプロセスだったことに気づいたのは、コンサルティングを
するようになってです。

成功も失敗も大切な経験です。

12:31 | 仕事の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015.03.17

仕事のヒント 神田昌典 読書感想

困ったらひらく!

迷ったらひらく!

答えが生まれてくる!



ひらくと

集客商品を間違えると、儲かる仕組みは築けない。

ビジネスで勘違いしやすいテーマだ。
売れないと言って、懸命に売ろうとする。
もともと、市場がないものなのに。

タグ:神田昌典

2014.03.29

見たいものしか見えない

春の甲子園大会を見ていて、驚くことがありました。

なんと、2塁に審判がいたんです!

今まで、何度も見ているのに、気づかなかった。
よくよく見ると、しっかり立っている。

私だけでしょうね。

2013.10.03

平成生まれ 部下の育成に困ったら

バリバリ仕事で活躍していた頃が懐かしい・・・

今は部下を持つ立場になって、毎日が息苦しい。

そんな悩みを持っている管理職の人、多いんじゃないでしょうか?

かつて、私もプロジェクトチームをリーダーとして率いた頃、
悩みました。

部下を持つのって、最初は張り切って仕事するのですけど、
あっという間に現実を思い知らされるんですね。

本もたくさん読みました。
会社の中でも相談しましたが、結局、自分で解決するしかないんですよね。

ネットを見ていて、こんなのを見つけました。
平成生まれ!部下の育成・指導法『変える』&『育てる』

ちょっと高いですが、相談できるというのが、いいかも。

専門家に相談するって、サラリーマンには馴染みがないけど、
プロを目指すなら欠かせません。

私は起業してから、相談するようになったんですが、
まったく自分の思いもよらないアドバイスがあり、
結局、自分以外の視点から見ることの重要性を実感してます。

2012.12.24

集中力をつけてもっと効率よく仕事したいと思っているあなたへ

もっと集中力があったら、効率よく仕事ができるのになあ。
そんなふうに普段思っていますか。

スポーツ選手を見ているとここぞというときに驚くほどの集中力を発揮して大記録を達成しています。

あの集中力はどこから来るのでしょう。

ザ・エクセレンスで、著者は、スポーツ心理学者として、その集中力の秘密を明かしています。自身もスポーツの世界で功績を残した経験があります。

集中力とは自分自身をよく知ることであり、雑念を払い自分が目標とするところに到達しようとする意欲でもあります。

そして、達成すると宣言した目標に対して、決断し、勇気をもって実行することです。

心のバランス、心身の安定を持って冷静に自分をコントロールすること。


2012.06.23

かっこいいビジネスパーソンの過ごし方

bds.jpg
↓ ↓ ↓ ↓
大富豪の仕事術

どんな仕事の仕方なんでしょうね?

ちょっと、脱線しますが、
私が人生でもっとも衝撃を受けた言葉の1つが、
「あなたは、あなたのままでいいんだよ」
でした。

この言葉は、その後、何度か、成功者と呼んで差支えない人たちから
繰り返された言葉でもあります。

私は私のままでいい。
その言葉を信じることで、変わることができました。

そのままでもいいのに、変わる?

そう、そこが秘訣なんですよね。

今回の本も、矛盾したその2つのことを学ぶものでした。
自分のままでいいから、自分を変えていく。

つまり、本質的な自分自身を否定しないこと。
自分を認めること。
認めたうえで、模倣したい姿を自分の中に取り込んでいくことなんです。

大富豪の仕事術
お得な本です。

2012.05.07

テンプレートという言葉に弱い

新しいことをまっさらの状態から考えることができる人は
すごいなあ、と思います。

私の場合は、何かからヒントをいただいて、それを応用する、変化させる、
他と組み合わせる、場所を移動する、時を変えるなどで
新規ではありません。

なので、型が好きです。型にはまるのは苦手ですが、型を利用するのは
大好きです。

テンプレートとは、その型になります。

鋳型に金属を流し込むと、容器が出てくる、あれです。

今、キャンペーンで
自社商品を45億円以上売った
セールスレター・テンプレート
が無料配布されています。
45億円も売り上げたいとは思っていないでしょうが、
文章を書いて販売したいという望みを持っている人には参考になります。

当然、無料ですから、その後、何かを勧められるのは当然ですから、
それは自己判断が必要です。
今までの経験から、損になるものは勧められたことはありませんが。
無視すればいいだけですし、進める方法自体も学びですからね。

2012.05.03

知的仕事人のスタイルが一人から共有スペースへ

モバイル機器の発達で、事務所にいなくても、駅や喫茶店、車中、電車の中
どこでも知的作業ができるようになりました。
それをノマドワーキングと呼んで、どんな機器が便利なのか、紹介されていますよね。

そんな出来立てのライフスタイルに対して、はやばやと、次のスタイルが登場しています。


ノマドからコワーキングの時代へ
異なる仕事を持つ人が仕事場を共有し コミュニケーションをはかる、最新ワークスタイル!

個人主義が徹底し、自分の世界に没頭できるメンタルを持った人が増えているからですね。
他人のことが気になって、集中できないという人には無理かもしれないし、
逆に孤独感がなくていいかもしれない、注目の方法です。

2012.01.03

会議という不思議な時間のつぶし方

会議という言葉を久しぶりに思い出しました。

屁理屈無し 社長のための時間の使い方
この本の音声データを聞いていて、会議という時間に対する対策が出てきました。

以前の会社で会議に出ることが、何か大切に扱われているような気がしていたことを思い出しました。

今、思うと、なんでそんなつまらないことにこだわっていたのか、まったく理解できません。

人の値打ちが、会社の都合のよいようにコントロールされているんですね。

この本の大半は実現できていて、自分の時間を大切にできていると思うと、
小さな選択の1つ1つの方向があっていたんだとわかります。

やってもやらなくていいことは、決してしない。
今日もそう生きてこれました。

副業の特徴を生かして突破口を作る考え方

本業と副業の違いは、1つに縛られるか、自由に展開していけるかです。

副業は始めるのも自由でやめるのも自由。
そういう入り口・出口を確認しておくことが肝心です。



私が副業を始めたときは、ネットがなかったので、宣伝がたいへんでした。
もともと、会社員時代に給料だけでは面白くなく、別の事業をやりながら人生を楽しみたかったので
楽しめることがポイントでした。

ネットのおかげでリアルも充実し副業が加速しました。
代理店募集もネットで情報が得られたので、出会いのきっかけにもなりました。

ただ、ネットで成功している人たちの人柄には、かなり偏りがあり、
人と接する機会が少ない分、がっかりする人が多いですね。
そこを気にすると何も得られませんので、そういう過渡期として我慢することが
秘訣でもあります。

本質的に問題を抱えている人たちはきちんと消えていきますので、
自分も巻き込まれないように、基本の学習は欠かせません。
テクニックに偏ると必ず失敗します。

それはリアルでも同じです。
テクニックに偏った人はどの業界でも消えていきます。




2011.12.24

時代遅れの営業戦術を繰り返す愚者たち

最近増えたのが電話セールス。

電話が鳴って、セールスでなかったことは、ほとんどない。
固定電話の役割って、いったい誰のためなのか?

これは、すでに終わってしまった営業方法しか思いつかない人たちの最後のあがきでしょう。
電話が来る会社は先がないので、信用できません。

「×MOです・・」と聞こえた途端、電話切ります。

どうしてこれほど世の中が変わってしまったのか、
インターネットに移行してしまったなんて考えるのも方向違いです。

億万長者の不況に強いセールス戦略によれば、2008年に変化が起きて、今後もその状況は変わらないということです。

古いセールスが通じるのは、勉強しない一部の消費者が残っているところだけで、
減少し続けています。

売るほうも買うほうも学んでいる人が中心となる時代なのですね。

最重要事項を学んだ探偵ナイトスクープ

先日の探偵ナイトスクープの依頼は
かつて片づけられないごみの山になっていた部屋を掃除に目覚めた時から整理整頓できていて、
他人の部屋を片付けたくてしかたがないという人と、片づけられなくて困っている依頼人を
結びつけるものでした。

片づけられない女性は、捨てられない、思い出があるとか言い訳ばかり。
決断をせまると泣き出す。

いざ、片づけに入ると
探偵が「これ必要ですか?」と聞くが、片付け名人はそれをとがめ、
「使っているかどうか」だけを聞いて下さいと、どんどん捨てていく。

この2つの質問の違いは衝撃でした。

ここから最重要事項選択の本質を理解したのです。

「これをすることは必要かどうか」を繰り返すと、さっぱり進みません。

「実際に今役立っているかどうか」と問い直せば、ほとんどのことは、やらなくても実害がないことに
気づくはずです。

そうすると時間ストレスから解放され、充実した経営ができます。

屁理屈無し 社長のための時間の使い方

2011.11.22

やる気を出す方法

仕事をする人にとって、「やる気」になれるかどうかが、最初の課題かもしれません。

「やる気にさえなれば、結果を出せるのに」と考えるときもあります。


「7つの習慣」をより深く理解するためのセルフスタディ DVD



起業家にとっては、自分自身が経営者であり、営業マンであり、企画・総務・営繕だったりします。

では、どれもこれもやる気になる必要があるのか?

そもそも「やる気」はないとだめなのか?

やる気を格闘することに疲れたので、そういう質問を投げかけてみたのです。

結論は?

うまくいっていることって、実はやる気なんて考えたこともないことに気づきました。
やりたいからやるわけで、そもそもやる気が出る前にやっているのです。

やる気は「自己防衛本能」であることがわかりました。
ホメオタシス、つまり現状にとどまろうとする本能です。

現状を変化させなければならないことに出会うと、抵抗します。
その抵抗を押さえつける意思がやる気です。

ですから、やる気が問われるとき、何かの危険を察知しているわけです。
だから、その危険を分析し、観察し、危険がないことを納得できれば、自然とできてしまうのです。

その手間をはぶくと、やる気が出てきません。葛藤が始まります。
組織でも、その心理を知らない上司の下にいると、当然、無理やりやらされます。
そこで、防衛本能の強い人ほどやる気が出ずに、落ちこぼれます。

そこで落ちこぼれないための方法を知っておくと、これからの人生、変わりますよね。

タグ:やる気 方法

2011.11.02

自宅が事務所の過ごし方

21世紀型のビジネススタイルは、ずばり「在宅」でしょう。

なぜなら、アメリカがそうなっているから。

終身雇用が崩れたのは、アメリカが先です。
雇用不安、リストラ、倒産、就職難を経て、個人起業がラッシュになっています。

日本はそのあとを追いながら、就職難時代です。

これから、個人で起業するのが普通になっていくでしょう。

自宅が事務所になれば、通勤ラッシュが減ります。
その時間を仕事に回せば、自由な時間が増えますね。

課題は自己管理です。
さぼることが大好きな私には、とてもたいへんな環境です。

だから、いろいろな工夫をしています。
その中でも一番効果的なのは、優れた人を目標にして、優れた人たちと仕事を組むことですね。

よい刺激があります。
在宅で、孤独はしんどいですからね。

2011.09.26

「せどり」というネットビジネス

ネットビジネスの中で、現金収入までの期間が最も短いのは

せどり

というジャンルです。


アマゾンのおかげですね。

素晴らしいビジネス環境を提供してくれています。


せどりとは、書籍をはじめとした転売です。

家の本棚を見てみて、いらない本を見つけます。
アマゾンの出品コーナーで登録します。
欲しい人がいたら、注文がきます。
早いときは、翌朝に注文がきています。
それをメール便などで発送して完了。


本を探している人にも喜ばれます。


知っている人には当たり前のこの手順も
初めてに弱い人には、とても恐怖です。

かといって、高額の教材を勉強するほどの勇気もない。

そういう今まで機会を得られなかった人のために
発売になった、本2冊分くらいで買える教材(+ツール)が

せどりの錬金術師

今日から始めるという人にもわかる手順書がついています。

すでにできている人のために、ツールがついています。
(出品が楽になります)。

ただし、ツールはそれほど多くない出品の人には不要です。

月に10万円売ろうというためにはあると効率アップします。

以上の条件にあてはまる人には、わずかな値段で手に入る
せどり教材最安値のものでしょう。


せどりというのは、儲けるという切り口なんですが、
そうではなくて、本をたくさん購入するんだけど、
処分が面倒という人にもいいんです。

私の場合は、そこから始まりました。
売ったお金でまた次の本を買うというニーズに
ピッタリなんです。
なので、高く売れると、次の本への投資が
楽になります。

だから、儲けがなくても便利な仕組みなんです。

23:20 | 仕事の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.09.02

時間がない、だからこそ勉強する

お金に換えられるのは、生産的な時間だけである。
      by 屁理屈無し 社長のための時間の使い方

体が栄養からできているように、人生は時間でできています。

体を酷使して、無駄なことで消耗していたら、肝心なときに何もできません。

同様に、時間を無駄に過ごしていて、何か価値のあるものを手にしたいとしたら、
気が狂っていることになります。

生産的な時間とは、どういう時間のことなのか?

それがわからないと、収入がなくなってしまいます。
これは、在宅起業家には致命的です。


昨日、あるコンサルタントから稼ぎ方のトレーニングを受けました。

ツボとコツが明確で、興奮して朝方まで眠れませんでした。

同じ時間を使っていても、肝心なポイントをはずしていると、
軽く10倍くらいの収入差になります。

時間の価値をあげる。
生産的なことに集中する。

タグ:時間 時短

2011.06.25

「断捨離」の続き

「断捨離」を決意して、今まで捨てられなかったファイルや文具を捨てました。

なんと、前職の資料まで出てきました。
よくも残っていたものです。

捨て方が変わりました。
いらないものを捨てるのではなく、
自分を創るものだけ残し、価値があるものかどうかをはずしたのです。

物に価値があっても、自分を創造することに使えなければ、
時間をロスするものです。

「断捨離」で、日本人としての自信を取り戻す


さて、次はパソコンのハードディスクです。

容量が巨大でいくら保存していても、コストゼロなんです。
なので、どんどん保存してきたのですが、
肝心なものが目に入らないという致命的問題を知りました。

今日、震災で事業を続けられなくなったというメールをいただいて、
そういえば、そんな資料もあったんだなあと。

使わないファイルも消す。
ソフトウェアは使わないのを消しているので、問題なし。


21:14 | 仕事の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.21

三方良しの近藤さんの企画力

無料で公開中の
ネクシィーズCEO近藤太香巳の簡単に売るための企画力

win-win-winを創ることで成功モデルを実現してきた近藤氏の
熱いメッセージです。


これは、日本古来の三方良しなんですよね。

商売の原則はいつの時代もどこの国でも共通していると
腑に落ちました。



ネクシィーズCEO近藤太香巳の簡単に売るための企画力
01:38 | 仕事の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.15

円高を生かして輸入ビジネス


輸入で稼ぐというのは、いまや王道です。

国際化なんて言われていたのが、懐かしいくらいです。

そこで、
2011年3月に
資金3万円から7ヶ月で月収100万円を達成した
川下竜彦氏のセミナーの動画がたっぷり見られます。

無料で4時間26分の動画プレゼント

特に「お金があまりない状態から最速で大きな金額を稼ぐ」には
お金がある人とは違う戦略をとらないといけません。

その辺を参考にしてください。

21:09 | 仕事の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク