2017.05.25

失敗貯金の仕方

ビジネスの成功の鍵は

やってみること

というキーワードを実践してきました。

転職もしてみたし、起業もしてみました。

倒産も経験したし、個人事業もやってみた。

物売りもやってみた。卸もやってみたし、仲介業もやった。

教育ビジネスもやってみた。

やってみないことには、わからない。

コンサル業をやってみて、まず気づいたことは、
人はやってみたいことが盛りだくさんだけど、実際にはやらない
ということ。

驚いたことに、準備したことなのに、経験値にカウントしていることです。

宝くじはかってみなければ当たることは決してないのと同様に
ビジネスはやってみなければ成功する確率はゼロだということ。

「これをやることは正解ですか?」
この質問を繰り返している人には確かに失敗はないけれど、
決して成功する日はやってこないのです。

こんな中学生でもわかることが、大人になったときから、
わからなくなるのです。

「だけど、失敗したらどうするの?」

失敗したら、落ち込むよね。

だけど失敗の山を越えなければ、成功には至らない。

「何回くらい失敗したらいいんでしょうか?」

信じられないこの手の質問が実際には多い。

「それはわからない」

「え?わからないのにつづけるんですか?}

こういう不思議な会話になってしまう。

もっと不思議なことに一度うまくいってしまうと、
100%の人が自分がしてきたこのような質問を
忘れてしまうこと。

質問したこと自体忘れているのです。

で、またうまくいかなくなると同じような不思議な
問答が繰り返されるのです。

こうして、コンサル業は終わらないのです(*_*;

成功するための本もありますが、
失敗のことを書いた本は貴重です。
ヒントがいっぱいです。

小さく賭けろ! 世界を変えた人と組織の成功の秘密

4年前に購入し、今でも読んでいます。
そのたびに自分が眠っていたことに気づきます。

繰り返し実践し、修正する
その日々の感覚を忘れていたので、今日書きました。

10:02 | 試行錯誤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.10.27

仕事のアイデアは実行力と対で本当の力を発揮する

離婚式、涙活という斬新なアイデアで成功し、
本を出版した寺井さん。



常識というあまりにも強固な壁。
私たちはその壁に阻まれてアイデアの
脱出する機会を損なっているんですね。

打破するための一つの方策は、いろんな仲間をもつことですね。
やはり、人からいいものがやってくるという原則に
従うんですね。

思わず膝をたたくアイデアが飛び出すかもしれません。

企画はひっくり返すだけ!を最初読んだ感想は、
「その手もあったか!」という驚きの連続でした。
そして、アイデアだけで終わらせず、実行に移し、
実行段階でも次々とアイデアを出し続ける柔軟性に
感銘しました。

そう、アイデアとは生まれた瞬間から腐敗が始まるんです。

私も20代の頃、いくつもアイデアが浮かび、周りには
話していたのですが、実行する手段が見つからないまま、
いくつかは特許取得されていました。

後になって、知ったのですが、
「ああ、それ俺も思いついていたのに、先にやられた」
という台詞は、誰もが言っていることだったことです。

「それなら、すぐにやってみろ」と言われるのも、おきまりです。

そういう会話は凡人の証拠、いや、才能なしの証明かもしれません。

アイデアはすぐに実行。
実行に移せないなら、さらに、20個のそのアイデアを実行するアイデアを出す。だめなら、さらに20個のアイデア。

日々の仕事について、いろいろな角度から見直してみる
のも、意外な展開が待っているかもしれません。

アイデアを出すリストを定期的に見る習慣も
効果的です。

09:02 | 試行錯誤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.07.29

仕事って、うまくいくことだけなのか?

トライ アンド エラー

日本語では「試行錯誤」

普通の仕事で終わる人は、トライ アンド サクセス でないと満足できない人ですね。

エラーの中に埋もれていると、突然、小さな成功が見えてくる。

そんな感じでしょうか。

トライ アンド サクセスでは、あらかじめ、うまくいくことがわからないと、
決して、トライしません。

それをトライと呼んでいいのか疑問ですけどね。

さて、今日も朝から、エラーが多いです。

2011.11.07

harrytoree(ハリトレー) 日吉パッキング製作所

ワールドビジネスサテライトのトレたまで

便利そうな名刺ケースが紹介されました。

harrytoree(ハリトレー)

日吉パッキング製作所の女性社長が出演されていましたが、

仕事がなくなって、工場が停止し、

活路を見出したのが、なんと文具。

パッキングと似ているような違うような、

チャレンジ精神にじーんとくるものがありました。

2011.03.25

上りのエスカレーターか

私のビジネスライフの柱となっているのが、
お金がないから成功できる「波乗り」経営~不況下で儲けるための「アクティブウェーブ戦略」5つのステップ~
おかげで、下りのエスカレーターを駆け上るという無茶をしなくてもいいのです。

きっと、「お金がなくても成功できる」と読んでいる人が多いと思われます。

「なくても」ではなく、「ないから」なんですね。


振り返っても、お金が一番なかったときのビジネスがうまくいっています。

ないから、狂わんばかりに頭を酷使しました。

だから、自分をさらけだすしかなく、心底からわきあがる熱源が唯一の資源でした。


少しばかりのお金のために、かっこつけたり、計算したりして、

少しの失敗を恐れながら、ほとんど進むことなく沈没する。


もっともらしい理論を振りかざしている限り、何も起きません。

正しい筋道があると、その先は行き止まり。


とにかく人と違うことをする。

それしかないのですね。ビジネスは。

2010.10.08

経営は絞込みにその力を現す

ユニクロの売上がダウンした。

原因は、幅広い客層に幅広く商品ラインを提供したこと。

そこに気づくことも早いし、すぐに対応して結果を出すのもさすが。


それは、

コア・コンピタンス経営―未来への競争戦略 (日経ビジネス人文庫)

が明確になっているからですね。


個人のコアを発見するのは、私のノウハウで、得意分野ですが、

その力は、想像を超えるものです。

ということは、裏返せば、どれほど才能が浪費されて、無駄な努力を繰り返しているか。


2010.09.22

個人事業主から経営者へのステップにはチーム力

今日、LLP一躍の第一回会合。

戦略、戦術、理念、ツールの確認。

個人事業で成功することを目指してサラリーマンをやめたのが
19年前。

でも、本当の自由を得るには、チーム力が欠かせないことを知り、

人材を求め続けて、8年、

しっかりした人たちが現れました。


自己実現には、舞台が必要です。

舞台があれば、それが優れたものであれば、しっかり演じようと思うものです。


ただ儲ければいいと自分にはなんの感動も無い舞台で演じるのは、

つまらない人生になってしまうかもしれません。


先日2冊目の本が届きました。

海外書籍

検察のずさんな捜査が報道され、そんなことがそのままゆるされていいのか

そう思っていたら逮捕されました。

常々「高をくくる」時代だと言ってきましたが、

まさに、物事を軽く見る流れの象徴的事件です。


コンサルやカウンセリングの中で気になるのが

『前向きに』とか『ポジティブに』という言葉です。


ダンケネディはいいます。

『マイナス思考で備え、プラスの力を発揮せよ』


プラス思考がよくて、マイナス思考が悪い。

そんなわけがありません。

使い分けが大事なのです。

なんでも前向きでポジティブな経営の元で本当の成長があるわけがありません。

そういうリーダーの下で仕事をしたことがありますが、

そこにあるのは、『見栄』だけでした。言うだけの成果なんて決して起こりません。


試行錯誤、数値分析、予測、など決して軽く見れない実務があります。

2010.08.27

LLP登記に向けて団結

来月登記の新会社、LLP(有限責任事業組合)の社名が決まりました。

そして、一日かかって、提出書類が完成し、組合員の皆さんに確認をお願いしています。

コンサルの先生に質問とともに、書類の添削をお願いしています。


いろいろわからないことばかり、でも進んでいるという実感。

具体的にならなければ気づかないことがたくさんあります。

そして、学びも多い。


久々に、
一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクトを読みました。

価格のことで悩むことがなくなったのは、この本のおかげでした。
もしも価格の戦略を知らなければ、今の会社はなかったし、
来月の起業もありえなかったのです。


安ければ買ってもらえるといまだに信じている人が多いからこそ、
商売は勝ちやすいのです。

人は安いものが欲しいのではなく、満足したいのです。

朝食は産地から取り寄せたぶどうでした。

それだけで食べきれないほどの満足感です。
価格はかなり高いけれど、近郊のお店で買っていたのはなんなのかと思うくらいの
違いです。


もちろん、安く買えたらいいけれど、質が落ちたら買いません。

先週、回転寿司に行ったときは、価格の高い店に行き、味を楽しみました。

先日は、とにかくお腹がすいていたので、安いお店でたくさん食べました。

どちらも満足です。


今回の起業は、学ぶことで成功できるがテーマです。

勉強していても成功しないという人がいますし、勉強よりも行動だといいます。

それは、十分な勉強をしたことがないからです。

行動したくなるほどの興奮を勉強から得られたら、それは一時的にならない成果をもたらします。


安定志向が強まり、保守志向の世の中、だからこそ、逆を向いて進みます。



2010.08.12

スタートアップの危機

起業を決めたときなので、覚悟はしていたが、
いきなり来ました。

危機。

何かで飛躍しようとしたとき、必ず来る『試験』。

不合格になったこともありました。


試されるんですよね。自分が本物かどうか。


たくさんの気づきがありました。

自分のスキル不足も気づいていて、対策はしてきたけど、
まだまだ不十分。

2010.02.03

戦術があっても、戦略がなければ、でもさらに戦法があればこそ

しいスキルを学んでいます。

『コピーライティング』です。

日本で言うと

『広告文の文章力』


過去に習得した

情報システムデザイン

セールス力

の2つは、私にとって、人生を豊かにする能力です。

この能力のおかげでさまざまな人とご縁してきました。


しも、あなたが20代、30代であったら、

ひとこと 「チャレンジしてください」

という言葉を贈りたいです。


「いわれたことをやっていれば」

「そこまでやるだけの給料はもらっていない」

なんてことを考えているならば、大損するのはあなた自身です。


会社に貸しを作っていますか?

それとも借りを増やしていますか?

『借りを作る』習慣は、あなたの大切な人間関係にも影響します。



しも、あなたが40代以上だったら、

日々やっていることを見直して、あなたの夢の実現に直接影響のない

ことをまず『手放して』ください。

(捨てるのではなく、手放すのです)。

そして、夢実現に直接関係することに焦点をあわせてください。

あなたの人脈を今よりももっと大切にしてください。

その人脈の筆頭は『家族』です。

家族を大切にしていないなら、そのうち、あなたが捨てられます。


キルを学ぶとき、意外な盲点があります。

戦術とは仕事の仕方やルールです。

戦略とは仕事を効率的に確実に成功させる考え方やプランです。

この2つを学ぶこと、真似ることで成功できると思ってしまいます。

確かに成功者がいうのはこの2つです。

聞かされたほうも、なんだかうまくいくような気がしてきます。


やってみると、できない。うまくいかない。混乱してくる。


なぜでしょう。

成功者といえど、自分がうまくいっても他人に教えるのは、

実は『難題』なんです。


『名選手が名コーチになれない』とはよく聞く言葉ではありませんでしたか?

名コーチが名選手だったかといえば、そうとは限らないのです。

オリンピックに出場したことのない人がオリンピック金メダリストを育てているのです。


は、どこをどうしたら、成功の道を知ることができるのでしょう。


それがタイトルに書いた

『戦法』なのです。


言葉の定義が難しいのですが。

それこそ、簡単に言葉にできれば、成功法をもっとスムーズに伝授されてきたはずですから。


試しにグーグルやヤフーで検索してみてください。

『戦法』で出てくるのは、『将棋』や『ゲーム』関連ばかりです。


そうなんです。気づかれましたか?

将棋もゲームも勝つことが明確です。

目標がはっきりしています。

基本的なルールややり方を知っていることが最低限なスキルです。

駒の動かし方や常識的に知っていなければならない定石です。

つまり戦術ですね。


どんな勝ち方をしようか、攻め方、前回負けたときの反省を活用して
作戦を立てたり。

これが戦略です。


この戦略・戦術を実現するのが、個人の工夫になってきます。

戦略どおりにならない、戦術が通じない、その場面になって

あらかじめ十分な対策を用意しておいて、臨機応変(りんきおうへん)に対応する。

これが戦法です。


つまり、頭が活性化していて、独自のアイデアがでてくるようにしておく、自分への仕掛けを戦法といいます。

成功者はここも学んでいるのです。

そして次の成功者はそこも学んでいるのです。


よく聞きませんか?

『失敗を恐れず、やってみること、継続すること』

これは、戦略、戦術を使って、体で覚えるためなのです。

身についたあなた流の成功法が戦法(あるいは得意形)です。


カラオケで『18番』てありますよね。

いろんな歌が歌えても、その中でも自信を持って歌えるものがあって、
その中でも筆頭が18番。

なぜそうなのか?

あなたがもっとも輝く得意形だからです。


情報システムデザイナーだった私には独自のアイデア法がありました。

私らしいセールス話法があります。


さて、あなたの得意形はなんでしょう。


何かお困りのことがあったら、
choitomail@yahoo.co.jp までお知らせ下さい。続きを読む
タグ:戦術 戦略 戦法

2009.09.24

成功させてくれる人に近づく


ネットショップで年商1億をつくる 究極のおもてなし法

ネットショップで年商1億をつくる 究極のおもてなし法

  • 作者: 川連一豊
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




届きました。

何故、ネットショップを持っていないのに、買ってしまったのか?

多くの会社を成功に導いた人の本だからです。

成功者のそば近くにいること。

これが成功する秘訣です。

負け癖がついてしまっている人が多すぎます。

負けていることに気づいていない人さえ、珍しくありません。

そこそこの成功なんて、そよ風でぶっ飛んでしまう時代の変化です。


『おもてなし』

時代のキーワードですね。

ネットだろうが、オフラインであろうが、『おもてなし』を

自然にできているところに繁栄がシフトしています。



おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探る

おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探る

  • 作者: リクルート ワークス編集部
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2007/12/18
  • メディア: 単行本



からは、時代を見分ける視点を教えていただきました。

人や社会を見る視野が広がったと感じています。

テクニックを追い続けていると、迷子になってしまうかも。

2007.03.20

テレビを見る時間と収入の関係

地上デジタル波に向けて、準備中。
売る側も買う側も。

成功の9ステップ オーディオコース  【ご紹介申込】で、ジェームス・スキナー氏は、
自宅のテレビはアンテナがない、といいます。

情報は垂れ流しのものを受け取るのではなく、
自ら必要なものを選択していくといいます。

「選択」  ここに成功と平凡の差が生まれます。


ほとんどの人は選択を他人や仕組みにまかせています。

成功しようとすれば自ら選択します。

テレビを見る時間を減らすことで収入が増えることを
体験しましょう。


インターネットによって、必要な情報を自ら探すことができるようになり、
そればかりか、
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★

宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
のようなサービスまで登場。

いよいよ、成功しやすい時代になっています。

2007.01.11

アフィリエイト収入体験

A8.netとの出会いは
もう5年以上になります。

最初は、企業数を求めていろんなASPに登録しましたが、
A8.netも企業数が増え、
また、サイトの使いやすさが日々の作業に大きく影響することもあり、
集中しています。

収入を上げるには、とにかく量です。
サブページをひたすら作り続けることなしに収入にはなりません。

自分のお気に入りの商材を紹介するページを作り、
そこからの収入が続いたときは、やはり、「うれしい」の
一言です。

また、思いがけないページからの売上で喜ぶこともあります。

最近体験して面白かったのは、紹介会社の名前を間違って
ページのタイトル名にしたときです。
売上が続くので、調べてみたら、ヤフーのトップで検索されるのです。
そして、自分が会社名を間違っていることに気づいたのは
しばらくしてからでした。

ということは、間違った名前で検索する人がいるということなんです。
そして、競合に合うことなく、トップページのため、
売上が続いたのでした。

そのように狙ってうまく行く場合もあれば、たまたまのときもあります。
どちらにしても、ページをたくさん作らなければ、
成果にはでてきません。

日々のページ作りに欠かせないのは、リンクをコピーする
作業の手軽さです。
これが結構、いろんなASPで違うんです。
あるASPは何度も気を静めてやってきましたが、
やはり、リンクを貼る作業があまりにめんどうで
今は、まったく利用していません。

成果の確認もエーハチネットだと、
開いてすぐに画面に出ますので、便利です。

そのほか、いろいろな新しい技術に挑戦しています。
便利なものもあれば、よく意味のわからないものもありますが、
人ぞれぞれで、好みがありますから、自分のサイトに合ったものを
選ぶことです。







ブログでもできるようになっています。
A8.netのいいところは、
いくつもサイトを登録できます。
他のところは、いろいろ手続きがめんどうだったり、
複数サイトを認めなかったりで、
それで利用しなくなったところもあります。

とにかく、メンタルな仕事ですから、面倒な規約は
モチベーションを下げます。
気軽に毎日ページを作り、情報発信できるような
環境作りも大切な仕事です。


2006.07.03

情報起業で非現実的に巨富を築く会 早川和男

「1勝9敗」

これをあなたはどうとらえますか?

これはユニクロ社長の著書です。

致命的な負けをしてしまえば、ビジネスは終わりです。
試行錯誤で小さな失敗を繰り返し、その中の1つが当たれば、
失敗を取り返してあまりがあります。

小さく損をし、大きく儲ける。
これができて、商人です。


自己流は小さな失敗を増やします。
成功までの時間が長いのです。

自分に投資しましょう。
もっとも投資価値があるのが自分ですね。

価値がない?

そんなわけありません。


もし、私に自信があったら

      ナポレオン・ヒル 失敗者が必ず口にする54の言い訳より


ただし、背伸びも考えてしないとずっと届かないかも。


驚くほど儲ける達人に変わる。成功率99%の情報起業成功法がここに!


教材選びでは、紹介記事の半分以上は理解できないと、かなり
苦労します。
人は、知っていることしか理解できません。
新しいことが多すぎると、苦労が多くなります。

でも、まったく苦労なしにできることばかりしていては、
まったく進みませんが。






2006.06.29

ブログ広告に出してみました

ブログに広告を出すというのがあって、
やってみました。

結果



アクセスアップ  ゼロ


いくらなんでも。


これだったら、アドワーズに集中したほうがいい。


アマゾンリンク