2016.10.24

仕事の適性について目線を変えてみる

私はこの仕事には向いてない。

うまくいかないとき、思わずもれてしまう言葉です。

あの人はこの仕事向きではない。

自分ではうまくいっているつもりでも、
人から指摘されてしまうことも。

siya.jpg
視点を変えてみませんか?


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう


弱点をみつけ、改善していくという方法ではありません。

ひたすら、強みだけを追求していくのです。

34個の強みのうち、5つの強みを見つけます。
方法は簡単。
質問に答えるだけで、自動的に5つの強みが見つかります。

例えば、私の場合
5つの強みの先頭に出てくるのが、個別化。

グループや大勢を相手にすることより、
個人や少数と関わることで力を発揮します。

個人営業や個人コンサルで生計を営んでいます。

職業とかで適正をみるテストは世間にいろいろありますので、
どういうところで強みを出せるかという切り口でみてみる
のも、一考かもしれませんよ。

テストのやり方は、本についてくるパスワードを
ウェブサイトで入力し、出てくる質問に答えていくだけ
なので、1冊で一人しかテストできません。

2人でやろうと思えば、2冊必要です。

不便と言えば、そうですが、仕方ありません。

従業員に対する使い方もページを割いて書いていますので、
社長が一人一人のために買って、やってもらうようにすると、
対応の仕方にヒントがあるかもしれません。

配置転換にも使える可能性があり、仕事に違和感を持つ
従業員を適した仕事に変えることで、成果をあげやすく
なると思います。

タグ:自分の強み

2013.04.01

インパクト、又は、インスピレーションで口コミは起こる

人の注目を集めるためにはどんなことに注意すればいいでしょうか?

感情を喚起するといいですね?

では、感情はどこで感じるでしょうか?

脳ですね!

それでは、どんな時に、脳は注目するでしょうか?

すごく危険を感じたとき あるいは、愉快に思ったとき

ですね?


ネット上は、恐ろしさを感じる、情報ばかりなのはそのためですね。
恐れを煽って(あおって)いるんですね。

しかし、愉快なこと、楽しいことにも、人はインスピレーションを
覚えます。

そういう人になりたいですね!

クチコミ・エンジンの作り方

2013.03.29

口コミの話題になるインパクトあるアプローチ

新規顧客の開拓に懸命になっている

しかし、本当にそれでいいんでしょうか?

営業を始めた頃、日々の悩みでした。

「今日は、どこに行ったらいいんだろう?」
そう思いながら、自宅で相撲を見ることが多かった。
始めて最初から最後まで見ました。

それがある時を境に、今までとは違う方法をとるように
なったのです。

やがて、自分をブランド化する戦略への発展していきます。
もちろん、最初は、ブランドなんてことは、誰も認めないのですが。

決めること
まず、そこから始まります。
イメージしたことが実現していきます。

何もないところから、イメージすることで形ができていく、
そのことを覚えたことで、様々なことを達成しやすくなりました。


クチコミ・エンジンの作り方

2012.05.04

タイムマシンビジネスを身近に応用する方法

この記事は、どれかのビジネス歴が1000時間を超えた人
お勧めです。

タイムマシンビジネスをご存知でしょうか?
時差を生かして仕掛けるビジネスです。
アメリカではやっていることを日本で応用することで、
一番手になって儲けることです。
日本で以前うまくいっていたことを中国でやった人が成功したのも
タイムマシンビジネスです。

インターネットによって、時差がかなり短縮され、
以前ほどは効果がなくなったと思われています。
でも、時差が大きくなくても、ずれているかぎりは、チャンスはいっぱいです。

さて、それほど大規模な時差でなくても、身近ではいつも
発生しています。

たとえば、私が10年前に取り組んだビジネスが
最近になって流行りだしたことがいくつもあります。
それをコンサルティングすることで、先駆者メリットが出ています。

情報量はいまのほうが豊かですが、ルーツに近いほど、質が高く、
言葉でいえば語源となることですから、説得力があります。

あなたの身近な知識を確認してみましょう。
あなたにとっては当たり前のことでも、
最近の人たちには画期的だったり、博学にみられたりしますよ。

最近出版された教科書があります。
↓↓↓↓↓
プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法
チェックしておいてくださいね。


2012.01.05

生まれながらの資質に集中すること

すべてのことを完璧にできない、すべてのことを努力できない。

以前書いた記事、仕事の3つの見方で決まるポジションを読み返すと、
がっかりするくらいわかりにくい表現で、もしも読まれた方がいたら申し訳ないです。

補足すると、自分が仕事をどうとらえるかには、
たんに職業として見ているのか、キャリアアップする(昇給や地位を得る)ためか、天職として
取り組んでいくのかの3つがあるということです。

天職にできれば幸せですよね。

実は、仕事そのものよりも、自分がどういう資質を持って生まれてきたのかを知ることに
ポイントがあるのです。


この本の邦題が誤解を招くのですが、
原題は YOUR LIFE YOUR LEGACY で、あなたの人生 あなたの受け継いだ物
生まれつきの資質を知ってあなた自身の人生を生きましょう
という内容なのです。

富を得た人たちは、その資質に集中したからこそ、成功したのだという結論なのです。

人生の成功とは人それぞれの解釈がありますから、そこが中心課題ではなく、
自分を生かせるかどうかということなんです。

8つのタイプに分類され
クリエイター スター サポーター ディールメーカー トレーダー アキュムレーター ロード メカニックのいずれかに集中すると成功しやすいのです。

私の場合、サポーターとトレーダーの資質が成功パターンを作ってきているので、
昨年はトレーダーを最優先にしつつ、サポーターをより強化する方針をとってみました。

結果は、サポーター1つに絞ったほうが良いという結論です。
サポーターが成功しやすいポイント、気を付けなければならない弱点を読み直すと
確かに忘れていたことがいくつかあり、新たな目標ができました。

この本を読むと、億万長者はお金を持っている人という特徴よりも、好きなことを楽々やっているという
最大の特徴を見ることができます。

正月明けで、会社に行くストレスを感じている人には、自分発見の一助にしていただきたいです。

2011.12.24

社長になる覚悟を本日してください

覚悟ができたときから、本気が始まる。

いつか実現したいことを最短最速で実現する方法は、

本日から実現したようにふるまうことです。

社長になるなら、今日から社長のようにふるまうのです。

社長とは、屁理屈無し 社長のための時間の使い方に書いてあるように生きることです。

もしかしたら、来年には自分の会社を所有することでしょう。

専門家の力を借りて、飛躍しましょう。

2011.08.30

簡単起業キットが無料です。

今、最短で稼げる方法というと、

コンビニのバイト

と答える人もまだいるでしょうか。


インターネットビジネスって、難しい、稼げない

そういう情報が大量に出回っているので、
参入する人がいても、去る人も多いので、
増えているのか、減っているのか。

確実なのは、適当にやって稼げる時期はとっくに過ぎてしまったことでしょう。


まずは、
アフィリエイト
または、
オークション

にチャレンジしてみることです。


いろんな情報で混乱している人には、
1つの教材を徹底的に学び、実践することを
お勧めします。

軸がないと、混乱するだけです。

正しいことを探す旅人になってしまいますたらーっ(汗)

どれも正しいかもしれません。

だから、混乱します。

私も、このブログでいろいろなことを書いてきましたが、
自分が関わらないと決めているジャンルについては
書いていません。

どんなにブームで、稼いでいる人たちがいても、
自分のジャンルでなければ、やりません。

軸がずれれば、他のビジネスもだめになっていきます。

軸があるから、複数の収入源を持っていても、
混乱することなく、相互繁栄が実現しているのです。



ところで、
アフィリエイトやオークションの次のステップは
情報起業です。

おおげさに考えて、無視してしまいがちですが、
ブログを書くことも情報起業になるのですから、
きちんと向き合うことが発展につながります。

今すぐキャンペーンに参加する!
無料です。

有料コンサルの内容が、すべて無料で公開されていますよ。
全部印刷して、マニュアルにしてください。
タグ:起業

2010.12.28

経営の漂流ではなく、羅針盤があった

エンジニアから営業に転身した私を救ってくれた


その竹田陽一さんが、まさかランチェスター経営の大家だったとは、

その後の経営でも一番の影響を受けることになるとは。



この本で、日々をどう過ごすのかを知ることができたことは、

時間をとても有効に使うことができました。


先日、お世話になっている方からのお勧めで、とうとうご本人の講座DVDを
手に入れることができました。

ランチェスター法則の普及に人生をかけた竹田陽一さんの熱いメッセージは、

心をかきたてます。


『経営の目的は売上でも利益でもなく、○○になることなんです』

そのようにずっとやってきてよかった、

そう心から思える今です。

2010.12.04

近道を選んで、遠回りする

「そんなことをしていたら、遠回りになりませんか?」

意外に多い質問です。

ビジネスの場合、結果を求めて時間とお金を投資するので、

はやく回収したいという衝動にかられるのは、当然だと思います。

ほんとに、そうでした。毎日、毎時間、焦りまくったことを忘れません。


明日の食べ物をどうしよう、なんて今の日本でありえるのか?

そんな風に疑問を持っていたときがありましたが、
自らが体験すると、本当にいつもリスクと隣りあわせなんです。


切羽詰ったときに、平然と遠回りに思えること

約束を守る

信用を第一にする

利他の精神で全力で仕事をする

などをやっていける

それが成功につながると信じ続け


間違いではなかったと安堵する日々です。


当然、信じてくださった人たちのおかげです。

そして、近道を使わず、目先の利潤をむさぼらなかった選択のためです。


孤独で、先が見えず、このままでいいんだろうか?

信じられる仲間や指導者を得てください。


悩みは打ち明けて聞いてもらって、その人数で割った分だけ楽になります。

2010.11.25

お客を拒否しても稼動するビジネスモデル

以前、顧客満足という経営手法が蔓延したことがあります。

顧客のほうを向くことと顧客の機嫌をとることの違いを理解できない
社長やコンサルタントのためにたくさんの企業が倒産したことでしょう。


私が常用している書店は、品揃えで北日本最大だと思います。

同時に、接客の悪さは、おそらく歴史に残るほどでしょう。

できるだけ、商品を確認したらアマゾンに注文して出るのですが、

先日は、事情があって、
しかたなくレジに行くと、ちょうど最後のお客がいなくなったところがあり、
そこにいくと、

まず、にらまれました。

次に「あっちのレジへ」と言います。

そのレジは無人です。

「え?」

「あっちのレジへ」

しばらくすると、近くに来た店員に声をかけます。

その店員は首を振ってどこかへ消えます。


もう商品をそこにおいて出て行こうと思ったら、

近くの新人を連れてきて、レジ操作を教え始めました。

主任クラスのようですが、新人は意外に親切です。

ベテランになると、何か勘違いが起こるようですね。

そこに何か戦略があるかも。




これだけのやりとりに寛容にいられた自分に驚くほどです。



こんな店でも、繁盛しているのです。

経営者の皆さん、自信を持ってください。

この店よりはまともでしょう?

え?

同じくらい?


コーチャンフォーで学んでくださいね。

2010.11.11

横道が本道になっていないか

思い込みって、気づかないから思い込みっていうのですよね。

当たり前ですが。


でも、思い込んでいるから、気づけないのですよね。


じゃあ、どうするか?

今、何か勘違いしているかもしれないけれど、気づいていないから

チェックの必要性も感じないのです。


ということは、まったく自覚も無いし、必要も感じないのだけれど、

他の人のいうことを聞いてみよう。


昨夜、個別コンサルを受けた私は、人生の転機を得ることになりました。


言われてみなければわからないものです。


メルマガに詳しく書きましたが、

他人の視野のなかに、自分をおいてみることは大事ですね。

2010.03.03

在宅ワーカーだって経営だ

人経営でもっとも大事な知識と聞かれたら、

迷わず2つを答えます。


ンチェスター法則

TRAC戦略会計


意外に知られていないので驚くことが多かったが、

「初めて聞きました」にも慣れました。


教科書は


一枚のはがきで売上げを伸ばす法―まごころを伝える

一枚のはがきで売上げを伸ばす法―まごころを伝える

  • 作者: 竹田 陽一
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 1988/11
  • メディア: 単行本



意外な本でしょうか?

ランチェスター法則とは?
を知りたいならば、
ランチェスター戦略
を見てください。
たくさん出版されています。

だけど、まずは実践から入ったほうがわかりやすいです。
ランチェスター戦略の権威である竹田陽一先生に『知識ばかりの火星人』と呼ばれないように^^


人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル

人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル

  • 作者: 協和醗酵工業
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 1978/07/20
  • メディア: 単行本




在宅ワーカーだってりっぱな経営者。

舵取りを間違えば倒産です。

せっかく独立したのにアルバイトには戻りたくないでしょうから、
学習しましょう。

2010.01.21

尖がる(とんがる)意外に難しい 平凡なので

元システムエンジニアであり、元プログラマであったのが、

ホームページというプログラミング言語に出会ったときの

カルチャーショックは、油汗が出るほどでした。


概念がわからない。

でも過去の自信にささえられて、やってみて、1ヵ月後にはなんとか
カタチになってきました。


『ちょいとメール』というメール送受信ソフトウェアを作ったのが
2001年のこと。

機能豊富でも使えなきゃ意味がないという簡易メーラーです。

当時は、メルマガを解除する手続きが難しかったので
(つまり、できるだけ解除させない仕組みになっていた)
ワンクリックで解除できるようにしました。

今は、役目を終えています。


ホームビジネスビルダー』というメルマガを発行したのが2004年。

在宅ワークとして独立してから8年を経過し、起業するノウハウを
発信して少しでも応援できればという動機からでした。


発信することで変わっていく自分がいました。

神田昌典さんが人生を変える3つの出会いとしているのが、

人との出会い

本との出会い

CDとの出会い


まったくその通りに実現していきました。

本との出会いがなければ、CDで学ぶことはなかったし、
その学びがあったから、桁違いのスケールのメンターとの出会いも
ありませんでした。


メンターの言われることを理解し、実行するために
さらに本に学ぶ、CDを聴き続ける毎日であり、

『書いたことは実現する』と気づいて18年が過ぎ、

自分の枠を超えることを書ける自分になりつつあります。


今週の課題

自分の中に隠している才能を1つ掘り出す。


2009.02.22

自分軸

取り扱う商品・サービスをどのように選ぶか

起業 アフィリエイト ショップ

どのような形態であろうとも、販売商品の選択は生死を左右します。

市場がどうか?
利益率?

さまざまな条件が必要です。

しかし、自分がどのようにして進みたいか、発展したいか
自分をどのように見せていきたいか

その範囲に入っているかどうか

化粧品を通じて自己ブランド化を図っているのに、
クレジットカードの紹介が利益率が高いといって組み込むと
化粧品そのものについてのパワーもなくなってしまいます。

専門化・専業化は自分のパワーをアップさせるのです。

2008.12.31

個人事業もチームで

会社員の時、チームで仕事することの人間関係の面倒をいやというほど
味わい、独立してすっきりしたときのことは今でも記憶に鮮明です。

以来15年、いろいろなチームを経験しました。
個人事業主としてなので誰からも強制されることはありませんでしたので、ストレスになることはほとんどありませんでした。

そのかわりに楽しいこともありませんでした。

今年、桁違いのリーダーと関わることになり、一変しました。
チームのレベルが比較できないほど高い。
今までの自己啓発の投資が損失と思えるほど、短期間に変われた。
毎日、毎時、サポートを受けられる。

ありえないでしょう。

普通。

そして、人を動かすどの本にも書いてない秘訣を習得しました。
これだもの、成功は一部の人のものである理由がわかりました。
世の中に流通していないんだ。
本当の成功法則。

私も無知をさらしていたなあ。

2008.10.30

過去の経験を使うとき

時々使って価値が出るのが、自分の過去の成功や体験事例。

でも頻繁に使っている化石の人がいます。
頻繁に使うとどんどん資産価値が減っているのに気づいていません。

やはり人は常に学び、前進するところに美があります。

というのは、最近自分の過去の経歴を話すことがあり、
それが自分の気づきにつながったのです。

自分が当たり前と思っていた価値観が実はそれほど一般的ではないことを知りました。
同時にその価値観がほかの人の役に立つ場面があることもわかったのです。

「普通のことを話す」ことが人の役に立つのは、なかなか信じてもらえないことが多いのですが、
自分にとって珍しいことが、実はみんな知っていることであったり、
当たり前と思っていることがまわりの人には珍しいことであることが多々あります。

会話の中で当たり前のことを話してみるというのも今日のテーマとして
面白いかもしれません。

2008.07.28

ブログは自分創造の機会となる

無料でブログが開設できるところ発見。
機能豊富でデザインがほかのサイトと違っています。

どうしても似通ったブログばかりが目立つ今日この頃

テンプレートの差別化に注目ですね。

ウェブリブログでブログを開設する
完全無料ブログです。
テンプレートが特徴的です。
素敵な写真背景のテンプレートです。
記事を書くごとに背景が変わるという楽しさ。
大容量なので画像がたくさんアップできます。
携帯対応なので、携帯から記事、写真をアップできます。
表示が速い。
Amazonアソシエイトが使いやすい。
先にBIGLOBEカフェの無料会員になっておくと、アフィリエイト活動も可能です。
自分の音声を入れる機能もあります。
地図も入れられます。
やさしい漫画入り解説書があります。

ブログを始めるなら、ほかの単調なブログに飽きたら、ウェブリブログ
ですね。

html



私の会社がブログを始めたのは数年前。
まだ無料ブログもなく、技術的な試行錯誤の時期でした。
二人のモニターを使って、ブログ普及のマーケット調査をしていました。
その後あっという間に一般化し、無料ブログが普及し、
先行メリットなくプロジェクトは終了でした。

でもモニターの二人はホームページとかも知らない素人だったのに、
ブログ活用によって、それぞれ活躍しています。

一人は無料ブログの活用で友人を数々獲得し、
一人は音楽デビューし積極的に活用しています。


無料ブログはアクセスを集めやすく、加工も自由で、機能豊富。
自分のいろいろな場面を表現することができます。

何を発信しようかと思い迷う前にまず日記から書いてみる。
気軽に始めるのがコツです。

自分の日記なんか人に見てもらうことなんかない、
と思ってもいいのです。
見てもらわなくてもいいんです。
カメラ目線と同じ。あまり意識しないほうが自然な表現が出来ます。

タグ:無料ブログ

2008.05.12

ブランド作りに絞込みは必要なのか

『専門家する』ことがブランド化の常識になっています。

もしそれでうまくいっているのなら、いいのですが、
うまくいっていないなら、視点を変えてみるのも必要かもしれません。

専門家というのは、一般的な職業分類にしたがっている場合が多く、
では、世の中の人の問題はすべて「イエローページ」で分類できるのかどうかです。

そういう場合もあるでしょう。
引越ししたいとか決まっているといいのですが、ほとんどの場合、誰に聞いていいのかわからないことが多いのではないでしょうか。

せっかくネットのおかげでマイナーなジャンルでもたくさんのアクセスを集める環境があるのですから、
あなたの持っている知識や経験で様々なことを分析してみるというのはどうでしょうか。

テレビでもコメンテイターがたくさん出ていますが、ジャンルは経済関係、スポーツ関係、文芸関係など様々なのに、
社会問題について専門家のように発言しています。

ある分野で秀でた人は普遍的な感覚を持てるからなんですが、
自分だってそれくらいは言えるぞ、と思うことあると思うんです。

たくさんブログ立ち上げて、いろいろ書いてみるのも自分の可能性を広げるきっかけになるかもしれません。

2007.10.28

偉大な人になるとは、何か変化するのか

偉大な人になりたい、ちょっと古典的な表現ですが、
言い方は変わっても、尊敬される人になりたいとか、
人は常になんらかの形で向上したいものです。

では、偉大になるとは、何が変わるのでしょう。
身長、体重の変化ではないでしょうね。
顔つきとかも関係するでしょうか。

実は、漠然としていてはっきりしていないんですね。
だって、知らない人から見れば、偉大な人もただのおっさん、おばさん
だったりします。
しかし、一度その話を聞くと、只者ではないことがわかります。
つまり、何を知っているか、何を伝えてくれるか、なんです。
それも聞きかじりではなく、その人からにじみ出るものでなければなりません。

すると、偉大ということは、偉大な思想を持っているということに
なるんですね。
それなら、誰でもなれそうなものですが、
偉大な思想を自分のものとするのは、習慣化し、実行し、
繰り返され、熟したものである必要があります。
それを目指すこと自体に価値があります。プロセスも結果も
得がたい資産となるでしょう。

ビジネスをするとは、偉大な思想を学んでいくこと、
それに尽きるような気がします。
だから、すべてをつぎ込んでいけるのだと確信します。

2007.07.19

自分の商品を持つという意味をどう解釈しますか?

『自分の商品を作り、自分で販売したい』

どういうわけか、このフレーズは、多くのビジネス起業家志向の人に
多い。
かつて、メーカーが一番儲かった時代がありました。
その名残なのか、オリジナル商品を持っているのは特別のことの
ように捉える人が多い。

ところが、時が過ぎ、収益が伸びなくて、ビジネスが危機になって
くると、そんなこと、どうでもよくなる。
だったら、最初からオリジナルにこだわることはなかったのだ。

一度このレポートを読んで、自分の視野を広げることをお勧めします。
バカ売れ情報商材を作る4つのポイント

優れた思想に出会うと、今までのはなんだったのかと感じたことは
あなたもあるでしょう。
自分の頭の中の知識では限界がある。
そこに優れた材料を仕入れしなければ、よい料理は出てこない。



追伸

顧客心理を知ることは、商品開発に欠かせない知識。
売上げを倍増させる7つの顧客心理も一読の価値有り。

アマゾンリンク