2011.06.11

リアルとネットを行ったり来たり

リアル中心でビジネス展開してきて、

その合間にネットビジネスしてきました。


リアルでは安定成長していますが、その営業力をネットに応用し、

ネットのマーケティング力をリアルで使うようにしています。


セルフコラボですね^^


それぞれ違ったスキルが必要であり、同時に共通することもあります。


日々学び。

年収2億円の人の言葉です。


確かに、平凡な人と話すと、昨日と同じ今日を過ごしています。

チャレンジなしに夢はかないません。

学ぶことなしに、チャレンジはできません。


一生お金に困らない!キャッシュマシンの作り方
11:04 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.09

1日に何回働きますか

仕事するというと、1つのことをして、1つの結果を得ることを指しています。

本業に副業を加え、起業につなげていくためには、

仕事の考え方を転換する必要があります。


1つの作業が複数の結果につながるようにする癖。

たとえば、ブログを書いた結果がいくつかの商品販売につながったとしたら、
1つの仕事が複数の結果につながったことになります。

営業という仕事がマーケティング主導の時代になった象徴でもあります。


頭の中を1つの仕事をこなしていくという習慣から、

いくつもの結果につながるにはどういう工夫が可能かを常に
考える習慣に転換します。


一生お金に困らない!キャッシュマシンの作り方

では、『宿る収入』と呼んでいます。

経済的奴隷状態 ⇒ 経済的自由

というシフトです。

18:07 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社員から事業家へのプロセス


20歳でサラリーマンになって、今事業家。

プロセスを振り返ると

会社員 ⇒ 副業家 ⇒ 複業家 ⇒ 起業家 ⇒ 事業家

どうして全部『家』をつけるとかいうと、プロになったからです。

なかなか変化できない人と話すと、プロになるという発想がありません。
そこそこできるようになればいい、人並みで十分と思っているようです。

ちょっと考えればわかることですが、そこそこできるからいいというラーメン屋にはりますか?

人並みでいいというブティックで服を買いますか?

まあまあだねと作っているバッグを注文しますか?

そこそこ、人並み、まあまあ、という会社に存在価値はまったくありません。


一生お金に困らない!キャッシュマシンの作り方 によれば、

世界に対する私の価値を10倍にするためには、誰のもとで働くのがいいのだろうか?

という質問があります。


自分を変える質問を繰り返したおかげで私も変化し続けてきました。

今朝も自分を振り立たせる質問をし、その答えを実践しています。


11:24 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.05

法人化へのステップ

法人化しないとできないことがあります。

事業化には、法人化が欠かせません。

体験を通じて知って、失敗を繰り返しながら、とうとう起業できたとき、

はっきりと実感できました。

貴重な取引先ができました。


その後知りました、この本を。

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する


もっと前に読んだおきたかったですが、起業した後でも、参考になります。


中でも衝撃的なのが、中卒・高卒のネットカフェ難民が、

突如「代表取締役」で堂々と仕事の話ができることです。


個人だと、学歴などさまざま確認されるのが、法人代表には不要です。

会社を代表して、いろいろな仕事ができるのです。


自信を持ったマイクロ法人社長は、どんな能力を発揮するかわかりません。

思わぬ力を役立たせることになるでしょう。


22:08 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.04

自身の中にエネルギー源を持つと

たった2年で情報貧民になってしまうくらい、変化スピードが速い時代ですが、原則となっていることは、ほとんど影響されません。

人の感情は、4000年前も今も同じ理由で影響されます。

パソコンに初めて触れた時の驚きと困惑は、
今は感じることはないでしょうが、

新しいものに対して、驚きや困惑を感じる理由は変わりません。


そういう原則を学んでいくことは、豊かな暮らしをするために
貴重なものです。


他人に何を言われても影響されない私の状態に、
「どうして、そんな風にしていられるのですか?」
という質問されることがよくあります。

現場にいた人には、驚きのようです。


もちろん、どんなことにも影響されないわけではありません。
でも、普通の常識ではありえないことでしょう。


そういう生き方ができるようになったのは、そういう人たちに出会い、同時にそういう原則を学んできたからです。


たとえば、7つの習慣に ビジネスを成功に導くビジョン構築力という習慣があります。

行き先を知らずに確信を持って進むことはできません。

皆が行くから、という理由は大半の人が持っている習慣です。

なのに、人とは違う結果を欲しがる、ありえない期待を抱くのが平凡さです。


人に影響されない原則を持つことで、反応を変えることができます。

非難されたら怒る、指摘されたら落ち込む、指図されたら反抗する、無視されたらきれる、

そんなことにエネルギーを使っていたら、不満人生で終了です。


7つの習慣
12:52 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.03

なぜ、学ぼうとしてしまうのか

このブログでなんども登場している

一生お金に困らない!キャッシュマシンの作り方ですが、


起業に当たって、とても大切がポイントが1つあります。


それは、新しいことを学んだり、取得したりすることをやめて、

今できること、知っていること、経験してきたことを

ビジネスに使うということです。


読んで、このままスルーしてしまいそうですね。


でも、ほとんどの人が成功できないのは、

とにかく、何か新しいスキルを身につけようとすることなんですね。


それがなぜ失敗につながるのか?


逆に言うと、なぜ今までのことを使うと成功しやすいのか?


自信がないですよね。

確かにそうです。

今のままで通用するのかどうか不安ですよね。


はい、確かに通用しないかもしれません。

それでも、先に行動するのは、

やってみないと、何を学ばなければならないかがわからないからなんですね。


思いがけないことばかり起きます。

そこを乗り越える先に成功があります。

考えていては、決して実現しません。


00:22 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.02

緊急ではないけど重要な情報源

「どこから、そんな情報を手に入れるのですか?」

以前からよくされる質問です。


人脈があるから、と答える人もいるでしょう。

でも、人脈が少ない私には、

『顧客になる』

という方法があります。


たとえば、小川忠洋さん。

今のような大成功される前から知っていました。

一方的にはですが。


あるときを境に突然、すごい人になり、
アメリカからメール配信することが多くなったなあと
思っていたら、加速的にビジネスを拡大されたのです。


その秘密はあとになって明かされたのですが、

サイコサイバネティクス

このプログラムで自分の壁を知って、超えることができたそうです。

私も学びました。

よく自己啓発のジャンルに入れてしまいますが、
自己啓発オタクの私にはよくわかります。

成功法則や成功哲学というジャンルよりも、

行動科学と呼んだ方が正確だと思います。

つまり、学習しなくても、実行しているうちに変われるということです。

これならだれでもできそうですね。

事実、私のまわりでも行動科学を紹介した人たちは、変化できています。


私は小川忠洋さんの顧客なんです。

すると、いろいろなメールが届きます。

顧客にしか届かないメールもあって、すごくお得な情報を格安で
手に入れています。

小川さんは、コピーライターになると決心して、実現しました。

つまり、現役コピーライターの活動を身近で感じ取ることができるのです。

これは、教材以上の価値です。


さて、そんな小川さんがこの緊迫した状況の中でいくつかの提供をされています。

あなたがビジネスマンであれば、
現在日本を取り巻いているビジネス自粛のムードに、
嫌気がさしていませんか?


東日本大震災では被災地だけではなく、
日本の経済にも大打撃を与えました。
被災地の状況は本当に、つらい状況だと思います。


さらに、私たちビジネスマンに影響を与えているのが、
ビジネス自粛のムード。

繰り返し報道されるのは、ネガティブな情報ばかりです。

その情報に真剣に見入っている人たちが国民の大半です。


このままでは、被災地の物理的被害だけでなく、
日本の経済までもが危うくなってしまうかもしれません。


しかしそのような状況だからこそ、
私たちはビジネスを続け、経済を回さなければいけません。


ここでは、
被災地の復興支援をしながら自分のビジネスを伸ばす
無料のイベントを開催しています。

【見てみる】


この無料のイベントでは、
『どうすれば、今あなたのビジネスをもっと伸ばすことができるか?』
『どうすれば、この環境で、仕事もプライベートでも成功する事ができるか?』について、
ビジネス界で偉業を成し遂げた著名人の話を、無料で聞く事が出来ます。

【詳細を確認】


ゲストスピーカーは、

・100億企業を2社上場させた池本克之氏
・「社長のヘッドハンター」が教える成功法則 著者 井上和幸氏
・ベストセラー50万部の「怒らない技術」 著者 嶋津良智氏
・インターネットを使って3年で20億円以上の商品を販売した小川忠洋氏

などなど。


著名なゲストを迎え、東日本大震災の復興支援と、
日本の経済を立て直すチャリティイベントを開催しています。


設備も家屋も失い、そこから脱出するとしたら。

被災地でなくても、忘れてはいけないことです。



今すぐこちらをクリックして、
詳細を確認して下さい。

【クリック】
10:39 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.06.01

ネット時代の新心理学で仕事ばりばりできる

もとはコンピュータ技術者だった私は、

営業の世界に自ら飛び込み、

努力と根性が大嫌いなので、

なんとか、楽して成功できないかと、

近道を探し続け、

出会ったのが、

販売心理学でした。


強力でした。

すごいパワーでした。

恐ろしいくらいの威力でした。


そして、ネットの世界を覗くことになり、

さんざん失敗したはてに、

知ったのが、

ネットの世界独自の心理学でした。


リアルの心理学で通用するはずでしたが、

そう言う人たちもいるのですが、

私の場合、応用できるほど器用ではなく、

そのままずばり教えてもらわねばならないので、

近道を探してきて、

なんだかわかってきたのが、

いろんなところに散らばっていることでした。


リアルほど歴史がないので、体系がないのです。


だから、コツコツと拾い集めながら、

実行しながら、

また、コツコツとコツを拾いながら、

いらないものは捨てて、

進んでいくのでした。


たとえば

コピーライティングの無料メルマガ

ヒントでいっぱいで、無料だからななめ読みしてしまいがちで、

実は、お金を払って手に入れたものよりも充実していたりして、

驚きます。


スルーしていた自分にです、驚くのは。


自分なりに、「あ、これ」とぴんときたものは、

迷わず、使ってみる。

その作業の繰り返しです。


営業でうまくいったのも、ある先生のやり方を100%真似たからです。


そして、コピーライティングも。

21:39 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.05.31

ジェームスを誤解していた

自己啓発オタクだった私が

行動する経営者に変われたきっかけは、


いろいろな要因があって、

生活に困窮したというのが、もっとも大きなことですが、

それでもオタクから抜けられない人たちをみていて、

ああ、やっぱり、これだった!

と気づいたのが、


ジェームス・スキナーという人間から受けたアイデアです。

この人の本は自己啓発のコーナーに並んでいますが、
本当は違うんですよね。

成功法則とか、成功哲学というジャンルに混ぜられているんですが、
違うんです。

【CD-ROM付】お金の科学~大金持ちになる唯一の方法~ という最新刊でも
わかるように、哲学とか心構えとかではなく、行動科学なんですね。

○○をすれば、○○ができる。

これが、科学です。

自己啓発書の特徴は、こうあるべきということはわかるのですが、
では、実際に何をするの?
という疑問に答えてくれていないのです。

高額な自己啓発プログラムを学んでいた人が、
「このおかげでビジネスに失敗した」
という言葉は印象的でした。

具体的なことが必要です。

ということで、続けると。

それまで、会社というのは小さな自営業から始まって、
小さな会社を作り、だんだんと大きな会社にしていく、

なんら疑問をはさむことなく、思い込んでいました。


違ったんです!

そして、大きな会社も小さな会社も作る手間は同じです。


いや、同じではないかもしれない。

小さい方がたいへんですね。


でっかい会社をつくる方法←これで、世界が変わります。


日本の名だたる多数の企業を指導している人から
成功している人の当たり前の発想を聞いてください。


そして、機会があれば私とビジネスしませんか?

10:53 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.05.23

小さいままより、大きな起業

転職という言葉が起業を意味するようになってきて、
ますます、自己責任が肝心になっていますね。

どうせ起業するなら、大きなことをしたいですが、
自分の器を考慮する必要があります。

小さなことから始めるのは、起業の常識。

でも、いつまでも小さいままでは、慣れてしまいます。


やはり、大きなことを目指しつつ、小さなことから始めることが
ポイントです。

大きなことを目指すには、大きい人と付き合うしかありません。

自然と気づいたら大きくなっていた

なんてことを期待してしまうのが平凡な人です。


インプットしたものがアウトプットされます。

ゴミを入れればごみしか出てこないのです。


私は「セロ」を2つ増やすために、

でっかい会社を作る9ステップで学んできました。


このプログラムに出会わなかったら、いまだに試行錯誤を繰り返して
いたことでしょう。

それは、時間の無駄遣いであり、実現不可能性をアップする
考え方でした。


できている人から感化されることですね。

転職を成功させるためには、大きい人と付き合うです。


21:09 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.05.16

マーケットイン発想で成功するために

子供のころ、「意志が強い人」というフレーズが多用されていました。
なので、「おまえは意志が弱い!」と何度も言われました。


いつごろからか、あまり聞かれなくなり、最近使えば化石人間かと思ってしまいます。


そのわけは、人の行動動機は、意志の力よりも、感情がほとんどを決定する理由であることがわかってきたからですね。


ところが、「意志が強い」ことを『決心』という言葉に置き換えて使われていることがわかりました。


微妙ですが、結果、同じことですね。


理性は小さな馬、感情は巨大な像だ。

「YES!」を引き出す7つのトリガー[説得の科学]
で見つけました。


私はずっとコンピュータの仕事をしてきて、人を相手にする仕事に移りたくなり、転職しました。

役立ったのは、電気工学科に在籍中から、人を研究していたことです。

人の心理や行動を支配するものが何か?

理論ではなく、実践的なテーマを扱いました。

それが、プロダクトアウトの考えにならずに、ずっとマーケットインの発想をしてこれた理由だと思っています。


上記の本も最近手にして、人をもっと知るための教材にしています。


22:44 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.05.15

自分を説得できたら、自由自在

人生を失敗するって、終わってみないとわからないことかもしれませんが、やり残したことがあるという後悔はしたくないですね。

自分を変えたいけれど、変えられないという悩み相談を受けると、そこには共通した原因が見受けられます。

『自分を説得することに失敗していること』です。

他人を説得できたらいいのにと思う人が多いのですが、肝心の自分自身を説得できなくては、先に進みません。


私の場合、やる気がでないときは、自分にどんなことが気に入らないのかを尋ねます。

すると、正直に答えがかえってきます。

ここで、注意が必要です。
同じようにやっても何も聞こえないとか、よくわからないとかいう人の場合、普段から自分にうそをついていることがあります。

つまり、ほんとのことをいってもどうせ本気にしてくれないということです。
私は自分をだまさないようにしてきました。
やる気が出ない原因を知ったら全力でその解決法を考え、行動します。重要なことでも、自分を大切にすることを優先してきました。
その信用があって、本当のことを打ち明けてくれます。


まして、他人では、この信頼は大切です。


最近、ではなく、以前から海外書籍で学ぶことが多いのです。
それは、とても真剣に自分自身を大切にする軸を感じるからです。

今お勧めなのは、
説得の科学 です。

内容は、
第1章 説得術が持つ脅威のパワー
第2章 勝者と敗者を分かつもの
第3章 脳の働きを探る長い道のり
第4章 脳は感情で考える
第5章 意思決定の源泉
第6章 説得の原動力
第7章 7つのトリガーが無意識の決断を導く
第8章 「友情」のトリガー
第9章 「権威」のトリガー
第10章 「一貫性」のトリガー
第11章 「交換」のトリガー
第12章 「対照」のトリガー
第13章 「理由」のトリガー
第14章 「希望」のトリガー
第15章 望み通りの成果を得るには
第16章 説得のためのコミュニケーション
第17章 説得に生かすプレゼンテーション
第18章 反対や抵抗は歓迎すべき要素である
第19章 コミットメントを確保する


難しいことほど答えはシンプルということわざは本当ですね。

22:59 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.05.07

ブレークするときの心構え


今まで、なんどか、ブレークする機会を経験してきました。

突然、顧客が増えたり、商品が売れ続けたり、かなりの人物とつながったり、

そんなブレークの中で、いくつかのビジネスを所有しています。


その中では、いっきに消滅したビジネスチャンスもありました。

失ったものは大きいですが、その痛みは次の機会を生かすものになりました。


同時に、同じ失敗をしないことも当然のことです。


今、大きなビジネスチャンスをいくつか手にしていて、

どれもブレークしそうです。


そのときの心構えは、急ブレーキをかけたくなる安全志向です。

自分がかけたり、家族がかけたり、仲間がかけたりします。


もちろん、急ブレーキをかけたら、急発進したくなり、それが失敗につながります。

つまり、ブレーキをかけた時点で終了です。


この辺は、痛い思いをして学びました。

それを知らない人とビジネスを組むのがたいへんです。

ブレーキをかける行為と、慎重になることの区別がついていないのです。


慎重さはいくら強調してもしすぎることはありません。

でもそれは、ブレーキではなく、アクセルの加減なのです。


車を運転することが多いのですが、休日の運転は疲れます。

走行中の車がほとんど、普段運転しないホリデードライバーだからです。

その特徴は、アクセルで急加速し、ブレーキで調整する運転法です。

これでは、あとに続くものが疲れます。


かなりのベテラン運転手のトラックのあとにいると、楽です。

ほとんどブレーキはなく、自然と加速減速を繰り返し、

あとについているだけで、運転疲れもありません。


これは、ビジネスでも同じです。

初心者がうまくいかないのは、急発進、急ブレーキでコントロールするからです。


私もブレーキは使います。そして、撤退します。


普段はアクセルコントロールです。




ひさびさに、
0円集客
を再読しました。

とても、自分のポジションが確認できて、勇気がわいてきました。


ネットも道具です。

かつて、電話営業という言葉がありました。

FAX営業という言葉もありました。

電話があれば車はいりませんと。


道具は道具。

使い方の問題です。

でも使わないと大損です。


使う側の心理状態が問題ですね。

2011.05.03

好評です。これからの事業モデル。


マネートラップ




まさに、ネットビジネスの究極のスタイルで、

しっかりと稼いでしまうノウハウです。

人気ナンバーワンです。


今日は、違う見方をしてみます。

ノウハウを手に入れた時の態度についてです。


ノウハウを手に入れて、一番多いパターンは、


買ったことで満足してしまうことです。

いわゆる、ノウハウコレクター。


以前、私もノウハウコレクターではないかと自分を疑った時期があります。

そうなってしまう態度をとるからなんですね。


実は、ノウハウというのは、ビジネス全体では一部分であるという
認識の欠如が原因です。


ノウハウは、それを実現した人や会社の背景、タイミング、人脈、

経験、知識、人材、資金力、年齢、性別など

数えきれない環境が重なっています。


どんなに再現性のあるノウハウでも、どんな人にもそのまま当てはまることは
ありません。


なので、そのノウハウは、いつ使えるのか、何に役立つのか、

誰が使えるのか、どこで使えるのか、など

条件の落とし込みが大切です。


自分のおかれている状況に合わせて、改善を繰り返します。

そこで必要なのが、サポートです。

自分にあうようにカスタマイズするために、いろいろと質問し、

形を合わせていきます。


当然、読んだだけではまったく質問できません。

まずその通りにやってみて、違和感を知ることから始め、

コツをつかんでいきます。



マネートラップ


ほど、再現性の高い教材は珍しいでしょうが、

それでも、カスタマイズが必要です。

それをやらないで、役立たない、詐欺だなんていうことは、

自分が損するだけですので、

改善に集中してみましょう。


2011.04.29

飛行機の外に出てしまう!?

【CD-ROM付】お金の科学~大金持ちになる唯一の方法~
強烈でした。

飛行機の中にいたのでは、自由はない。

飛行機の外に出るのだ。


確かに、宙返りも自由自在 (*^。^*)


あまりにも常識外で、かなり常識的な生き方をしていることが身に沁みます。


自分が自分の人生を制限している。

わかっているつもりで、まだまだでした。


事業計画を変える気持ちを作ることができました。

時間管理からエネルギー管理へ移行するいい機会になりました。

2011.03.21

流行に影響されない能力

投資の中でも一番リターンが大きい自己投資。

金融投資家であっても、自己投資したから成功しているわけで、

投資できる自分を作ることが確実な成功者への道です。


まぐれ当たりを期待しているのでは、継続性がなく、

はずれたときに、浮き上がれません。


10回失敗しても、1つ成功すると、すべての失敗を忘れてしまうくらいに
喜んでしまうのは、人情です。

でも、それでは損失を冷静に見ることができず、

気づいたら、破産していたなんてことが現実になってしまうわけです。


7つの習慣―成功には原則があった!
は、変わらぬ能力です。

流行に関係なく、常に自分と家族と仲間を繁栄に導きます。

そんな自分を作ることが最初の自己投資です。


この本を何人の人に紹介したか数えられませんが、

半分以上の人が理解できなかったこともわかっています。


一度わかりはじめると、楽しくなるのですが、

そのきっかけがあるといいですね。


最近出た教材がもしかしたらきっかけになるかもしれません。

人は読むという行為よりも、映像と耳を使うことで学ぶ量が

格段にあがります。

なので、ずっと使える能力を得ておくために

7つの習慣の自習教材

学んだら、必ずあなたが大切に思っている人に教えることがコツです。


成功者になるだけでなく、人を成功させるきっかけになる人になることも

素敵ですね。

2011.03.06

本を読んでも変われませんが、何か。

学ぶことで変われると信じている人がもしかしたら多いかもしれませんが、

それはないですね。

いきなり、何を書くのかテーマがない。


「見たいものしか見えない」という証明された事実からわかるのは、

本を読んでも自分が思いたいことしか入ってこないので、

今までの自分を変えることはできません。


ならば、どうやって変わるのか。


そう、それを記録しておきたかったのです。


ずばり、人からしかきっかけをえられないのです。


この1か月は、ある人の死がきっかけで、ゆれにゆれ、体調を落とし、

めまいという体験を初めてしました。


でも、その人のいきざまは多くのインスピレーションを残してくれました。

今まで踏み切れなかった決心をするきっかけとなり、

新たな出会いを得るきっかけともなりました。


大切なことは人からやってくる。

これは私のメンターから何度も聞かされたことです。


2011.02.23

なぜ、あれこれと目が移って迷ってしまうのか

レストランのメニューを見て、

あれこれと迷うのも、食事の楽しみですね。

一番困るのが、全部食べたいとときです^^


ビジネスでは、目移りは「致命的」な破壊行為となります。

それが間違っているからではありません。

どれも正しいからです。

そして、たくさんの正しいことをしていたら、破産します。


100Wの電球よりも、レーザー光線のほうが、破壊力があるのと
同じで、ビジネスはこれなくしてはビジネスでなくなってしまうことだけに
集中することです。

ぶれないために、どうしたらいいのでしょうか?

7つの習慣―成功には原則があった!
は、ビジネスに限らず、人生の中心軸を提案しています。

どんなに成功しても、家族がこわれていたら、なんの価値もない。

この本の中心テーマです。


ところが、この本の欠点は、

ある程度実践できている人が購入し、理解すべき人が購入しないという特徴です。


そんな中、届いた案内に

■【お知らせ】「7つの習慣」DVD発売!

がありました。


本を読むより、人に読んでもらうのが好き

という人には、7つの習慣をマスターするチャンスですね。

2011.02.12

じぶんの資質を知って無駄を防止する

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
で、ただ今、大盛り上がりです。

自分を知る、

この力は想像を超えます。

「なんだかよくわからないが、違和感を感じる」

そういう感覚は、仕事でも人間関係でも経験があることでしょう。

そこには、自分が本当はいる場所ではないとわかっている場合もあるので、

その理由を見つけることができたら、さぞやスッキリすることでしょう。


占いが流行るのも、スッキリしたいからですし、自分で決断する材料が少ないからです。

未来を占いで当ててもらうなんて、ゴミのような生き方ではなく、

自分で確認する習慣が大切だと思います。

それなら、何度でも、毎日でも自分の位置確認と見通しを得ることができます。



楽天ブックスTOP

2011.02.09

ずさんな書店

最近紹介している


昨日、妻の分を買いに、冬道渋滞を避けて高速で行った
コーチャンフォー美しが丘店

なんと、透明ラップがないのです。

店頭に出ていない本を聞いたら、並んでいるものだけ。

意味ないじゃん!!

パスワードを盗まれている可能性大です。

そんなことも知らない書店。


しかたなく、ミュンヘン大橋店へ。

幸い、冬道渋滞もなく、順調に到着して、

チームの分もあわせて、7冊購入。

残り2冊は、透明ラップを操作した形跡があるのでパス。


そうなんです。

本には、パスワードがあって、1度使われたらもう使えません。


つまり、書店ではなく、ネットで買ったほうが安心確実です。


せっかくお金出して、古本と同じ価値では悲しいですし、時間の無駄です。


それにしても本代だけでこれだけの診断を受けられるのは、お得ですね。

アマゾンリンク