2008.05.12

ブランド作りに絞込みは必要なのか

『専門家する』ことがブランド化の常識になっています。

もしそれでうまくいっているのなら、いいのですが、
うまくいっていないなら、視点を変えてみるのも必要かもしれません。

専門家というのは、一般的な職業分類にしたがっている場合が多く、
では、世の中の人の問題はすべて「イエローページ」で分類できるのかどうかです。

そういう場合もあるでしょう。
引越ししたいとか決まっているといいのですが、ほとんどの場合、誰に聞いていいのかわからないことが多いのではないでしょうか。

せっかくネットのおかげでマイナーなジャンルでもたくさんのアクセスを集める環境があるのですから、
あなたの持っている知識や経験で様々なことを分析してみるというのはどうでしょうか。

テレビでもコメンテイターがたくさん出ていますが、ジャンルは経済関係、スポーツ関係、文芸関係など様々なのに、
社会問題について専門家のように発言しています。

ある分野で秀でた人は普遍的な感覚を持てるからなんですが、
自分だってそれくらいは言えるぞ、と思うことあると思うんです。

たくさんブログ立ち上げて、いろいろ書いてみるのも自分の可能性を広げるきっかけになるかもしれません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96510663

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク