2007.11.11

マーケティングと市場調査

市場調査を調べると、「消費者のニーズ及びウォンツを調べること」もしくはその「手法」とあります。
企業等が新しい企画を考えるときの市場調査とは、度々マーケティングと同じ意味で使われているようです。
ちょっとわかり難い感じがしますが、市場調査とマーケティングは全く同じものなのでしょうか。

マーケティングを調べると、顧客の調査と分析、商品開発、宣伝・広報、営業、流通、販促などの企業活動がマーケティングとあります。
市場調査とは、このマーケティングの中の一部分であると言えます。
この市場調査という土台を基に商品開発が行われ、宣伝・広告や営業とつながっていきます。

市場調査とマーケティングとの差は、過去を見るのか、もしくは未来を見るのか、という「視点の違い」であるようです。
市場調査は「現在はどうあるのか」を調べるものなので、過去から現在が調査の対象となります。
一方でマーケティングは、「今まではこうあった」から「これからはどうなのか」を予測するものですが、未来を予測するための調査の対象は、基本的に市場調査と同じです。
このことからも、市場調査はマーケティングの一部であるとわかります。

マーケティングの一環として市場調査を行う場合、単に現在のデータ収集に止まってはいけないということになります。
マーケティングにつなげるためには、市場調査から得られた過去から現在のデータを基に、未来を読む(予測する)作業を入れることが必要になるということです。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65856044

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク