2007.11.11

最も信頼性の高い市場調査方法

市場調査の方法の中で、調査員がアンケートを持参して直接訪問して回る方法があります。
市場調査の調査員は、回答者の前でアンケートに書かれている質問事項を読み、その回答をその場で記入していくものです。

訪問による調査は、古くから現在もなお効果の高い市場調査の方法として利用されています。
その理由には、住民票や選挙人名簿などをベースにして訪問していくので、調査結果の信頼性が高いことが挙げられます。
また、調査員が回答者と直接面等向かって行うものなので、データの質がより良いものが得られることにもあります。
調査内容によっては、資料や商品などを実際に見せて調査することができる点も、訪問による調査のメリットです。

比較的回答者の協力が得やすく、質の良いデータを収集することができる市場調査方法ですが、その一方で調査に要する時間がかかってしまうというデメリットがあります。
特に現代では、時間的に余裕のある人が少なく、あまり家にはいない若い人のデータが回収できないことはその1つです。
また、調査に要するコストがかかってしまうこともデメリットの1つです。
元々時間のかかってしまう調査方法ですので、短時間で実施したい場合は大量の人員が必要になります。
つまり、人件費(コスト)が非常に大きくなってしまうということです。

訪問による調査の対象は、一般世帯だけではなく、企業もその対象になっています。
近年では、お客を装って運営の状況やサービス・セールストークなどを調査することも少なくありません。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク