2007.11.11

コスト安な電話による市場調査

市場調査をする方法の中には、電話を使って調査をする方法があります。
これは、固定電話がほぼ全世帯に普及しているという背景があるからです。
現在でも新聞社などが採用している市場調査の方法は、電話による調査方法です。

家々に訪問する調査から、電話による調査へ変わってきた理由には、先にもあるように固定電話の普及がありますが、訪問による調査と比べてコストがかからないという要素が大きくあります。
調査員はオフィスを動くことなく次々と問い合わせることが可能ですので、時間というコストもかからない調査方法として大きなメリットがあります。

また、電話による調査のメリットとして、調査結果に良し悪しの差が出難く、市場調査の事前に設定された基準に沿ったものが、比較的均一してまとめられることにあります。
電話による市場調査は、調査員たちが同じ1つの場所で一斉に行うことが可能であることから、調査員同士がお互いにフォロー・サポートし合える体制でできるため、この差を最小限にすることができます。
訪問による調査方法だと、調査員に質問の上手い下手があるため、持ち帰った調査結果の良し悪しに大きく差が出てくることがあります。

しかし、特に近年ではプライバシーや個人情報の問題などがあり、電話帳などに電話番号を掲載しない家庭が増えている傾向にあります。
全国で約60%は掲載されているそうですが、地域によっては50%を下回ることもあります。
都心での女性の単身世帯の場合は、その9割以上は電話帳への掲載をしていません。
電話番号がわからなければ調査することができませんので、このような近年の傾向を考えると、電話による調査方法にも大きなデメリットがあります。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク