2007.11.11

低回収率が課題であるアンケート郵送による市場調査

市場調査の方法の中には、アンケートなどの調査票を家庭や企業に郵送して回収するという方法があります。
この調査方法は、訪問による調査と比べてコストがかからない市場調査方法です。
コストがかからない調査方法としては、電話による調査する方法もありますが、郵送を使えばアンケートなどの調査票を全国一斉に送ることが可能なので、調査範囲を大きく取って調査することができます。

しかし、この郵送による市場調査には最大の欠点があります。
それは、回答(データ)の「回収率」が低いことです。
この調査方法はアンケートなどの調査票を郵送した後は、返送が来るのを待つしかありません。
回答者がアンケートをいつ読んでくれるか、いつ記入し返送してくれるかもわかりません。
もしかしたら、読みもせずゴミ箱に流れてしまうことも少なくありません。

以上のことから、この市場調査方法は回収率が低く、更に回収に時間もかかってしまうという大きなデメリットが2つあります。
ちなみにその回収率は、2〜6%ほどしかありません。
少しでも回収率を上げる工夫として、質問事項が多くない場合であれば、ハガキを使用することで回収率を多少上げることができるようです。

また、事前に電話連絡などをして協力者をつくっておくと、回収率が上がります。
アンケートなど調査票を留め置きするような場合は、返送を待つという姿勢ではなく、郵送(もしくは手渡し)した後に一定期間をおき、調査員などが回収に出向く方法もあります。
12:46 | TrackBack(0) | 市場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク