2016.10.24

仕事の適性について目線を変えてみる

私はこの仕事には向いてない。

うまくいかないとき、思わずもれてしまう言葉です。

あの人はこの仕事向きではない。

自分ではうまくいっているつもりでも、
人から指摘されてしまうことも。

siya.jpg
視点を変えてみませんか?


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう


弱点をみつけ、改善していくという方法ではありません。

ひたすら、強みだけを追求していくのです。

34個の強みのうち、5つの強みを見つけます。
方法は簡単。
質問に答えるだけで、自動的に5つの強みが見つかります。

例えば、私の場合
5つの強みの先頭に出てくるのが、個別化。

グループや大勢を相手にすることより、
個人や少数と関わることで力を発揮します。

個人営業や個人コンサルで生計を営んでいます。

職業とかで適正をみるテストは世間にいろいろありますので、
どういうところで強みを出せるかという切り口でみてみる
のも、一考かもしれませんよ。

テストのやり方は、本についてくるパスワードを
ウェブサイトで入力し、出てくる質問に答えていくだけ
なので、1冊で一人しかテストできません。

2人でやろうと思えば、2冊必要です。

不便と言えば、そうですが、仕方ありません。

従業員に対する使い方もページを割いて書いていますので、
社長が一人一人のために買って、やってもらうようにすると、
対応の仕方にヒントがあるかもしれません。

配置転換にも使える可能性があり、仕事に違和感を持つ
従業員を適した仕事に変えることで、成果をあげやすく
なると思います。

タグ:自分の強み

アマゾンリンク