2016.10.21

語彙を増やしていくこと

文章力や営業力を磨いていくために、あったらあっただけ有利になるのが、
語彙(ごい)の数です。

語彙とは、特定のジャンルでの単語数の総数といった意味です。

語彙を増やしていく方法


意味がわからない言葉を明確にすることと、
ついでに関連ワードを調べておきます。

こまめに実行しておくと、だんだん言葉が増えていきます。

インターネットで辞書サイトを利用すれることができます。

電子辞書も最近では、持っている人が増えました。

印刷された辞書もかさばるし、探すのも面倒ですが、
それがいいという人もいます。

普段から辞書に親しみ、わからないと気づいたら、
辞書を引く習慣をつけていくことで、語彙を豊かにできます。

国語辞典はポピュラーですが、ほかにも類語辞典、
慣用句辞典等々、用途によって様々な辞典があります。

語彙を増やすメリット


私は仕事柄、電子辞書の国語辞典、類語辞典を日常的に使っていて、
ほかにネット上の類似サイトを適時活用しています。

特に類語辞典は、ある語句の別の表現を見つけるのに使います。
語句の選び方1つで文章表現の幅が広がるんです。

単語力が豊かになると、様々な表現が可能となり、
ものの見方すら変えることも可能です。

花を見て、「きれい」という表現と「かわいい」というのと
印象が異なるように、可憐、美しい、奥ゆかしい、
清らか等、使う言葉によって、受ける感触が変わってきます。

語彙の豊富さがコミュニケーション上達の道


微妙な違いかもしれませんが、人の感性とは、
ちょっとした違いを見分ける力があるので、
大切にすることが、伝わるんです。

いろいろな言葉を覚えていることは、
仕事の上でも有利に働きます。

自分の伝えたいことを、わかりやすく表現する力とは
伝えたつもりではなく、相手が受け取って、相手の
言葉で理解できたとき初めて実現します。

自分がわかる言葉ではなく、相手が理解できる言葉です。

タグ:語彙

アマゾンリンク