2016.10.15

自由な時間が欲しい 会社員が望む生活が手に入った

願ったことが叶う!?

賛否両論ある、引き寄せの法則というのがあります。

では、会社員であった私が願っていたこととは、
誰もがあこがれる自由な世界。

free.jpg

時間通りに会社に行かなければならない、
せっかくの休暇なのに仕事の予定がはいった、
いや、そもそも休みがとれない。

そういう暮らしにおさらばできる。

確かに願いはかないました。

しかし、家計が不安定になりました。

「そんなこと、聞いてないぞ!」
と、誰に向かって言っているんだか。

それは、自分です。
自由を手に入れた。
そこに、経済的安定がなくなるという、当たり前の
ことが抜け落ちていたんですよ。

今から考えると、仕方がない要素もあります。

会社を辞めるという事件は、当時の自分が考えているよりも、
ストレスがいっぱいなんです。

上司が承諾してくれるか?
同僚に迷惑をかけることにならないか?
部下は、どう思うか?
会社に損害を与えないか?

後になれば、考えても仕方ないし、ベストを尽くすしか
ないのですが、それ以上のことを考えるゆとりがない。
とにかく、解放されたい、という思いが先行します。

妻の反対というのが普通あるんでしょうが、
うちの場合は大賛成。
とにかく、「お宅のご主人、いつも家にいないけど、
浮気とか大丈夫?」と言われるくらい、会社滞在時間が
長い状態が続いていましたから。

そういう経緯をくぐりながら、自由を手に入れて、
不安定な暮らしに入っていったのでした。

つまり、会社人は、不自由だけども、安定した人生。
起業人は、自由だけども、不安定な人生。

最近は、会社人でも雇用の不安定さがトレンドに
なっていますが、私の時代はそれがなかった。

では、今の時代、どういうスタイルが理想なのでしょうか?

「自分を最大限、活き活きさせる状態」ということが
あるんじゃないかなと思います。

収入とか優先すると、今はいいけど、万一なくなったとき
どうするのか?

でも、活き活きしているときには、成功も失敗も経験値として
次につながる度合いがアップすると思うのです。

どんなことも自分の経験値をあげることに貢献する。
ドラクエみたいなイメージですね。
10:21 | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク