2016.10.13

プラン、ドウ、シーの使い方次第でかっこいい仕事人

Plan Do See(またはCheck)
仕事をする人間にとって、常識ですよね。
pds.jpg
でも、慣れっこになってしまって、おざなりの計画を立て、
それなりになってみて、よかった、できなかったという反省を
して、終わり。

しかし、こんな仕事のやり方では、平凡以下の仕事人に
なってしまいます。

優れた仕事も習慣の力であると同様に、
平凡以下の仕事も習慣の力なんです。

それを才能がある、ないの議論にするから、話が
わからなくなってきてしまいます。

才能でも、能力でもありません。
習慣の力です。

コツコツ積み上げたら、すごい人にも、すごくない人にも
なれるんです。

では、どうやったら、Plan Do Seeを生きたものにできるのでしょうか?

特別の勉強をしなければならないでしょうか?

いいえ、そんな勉強は不要です。は言い過ぎですが。

コツがあります。
その簡単なことを繰り返すことで、
仕事ができる人になっていきます。

そのコツとは、
Planを作るとき、「何を、なぜ、どのように」の質問を満たすように
作ること。
Doのとき、「何を、なぜ、どのように」忘れずに、実行すること。
Seeで検証するときも「何を、なぜ、どのように」に基づいて、
検証を繰り返すこと。

わずかなこと、そして、面倒なことです。
知ってても、面倒だからといって、やらない人が多いです。

成功する人は平凡なことを平凡でないくらい実行する、
とよく言われますよね。
以上のことも、同様です。とにかく、繰り返すことで、
だんだん簡単にできるようになっていきますし、
以前よりもうまくできるようになります。


22:18 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク