2016.10.12

営業トークは、しゃべるな!

営業を日々実行していく上では、話題が豊富でおしゃべり上手で
なくてはならない。
meisi.jpg
こんな常識が、実際の営業分野で活躍し続ける営業マンの間では、
非常識であることは、意外に知られていない事実です。

営業の仕事って、おしゃべりしないんですね。
なにより、お客様の不愉快なことをしないです。
人はおしゃべりしたいものです。どんなに無口な人でもです。
逆に人の話は聞きたくないのです。

だから、おしゃべりはしないんです。

事実、いろんなお客様から、あなたの話は面白いねと
言われました。
実際は相手の話に数回相槌を打っただけです。

人同士の会話でどんなことを話しをしたかを尋ねると
相手の話したことはほとんど覚えておらず
自分の話したことが大半です。

つまり、人はだいたい自分に最大の関心があり、
自分が何を話したことばかりを覚えているのです。

では、いつ本業の話をするのでしょうか?

実は、ここが売れ続ける人とだんだん売れなくなる人との
違いです。
待てるか待ちきれなくて、こっちから切り出してしまうか。

できれば、待ってください。
それが、先々気に入ってもらえ、お客様を
紹介してくれる道です。

紹介してもらったら、同じく話を聞く作業を続けます。

紹介者が出てきたら、またそこには別の問題が。
その続きはまたそのうちに、書きますね。

13:17 | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク