2016.10.10

営業トークの指南書 カーネギー「人を動かす」

営業1年目、カーネギー「人を動かす」に出会えたことは、
幸運でした。
jin101.jpg
出会いは、思考は現実化するに登場する
鉄鋼王カーネギーの著書を読んでみたかったこと。

前書きを読んで勘違いであったことに気付いたが、それが人生を変えるほどの
良い勘違いでありました。

「人を動かす」の人は自分を重要だと思ってくれる度合いに応じて大切にしてくれる
という内容がもっとも役に立ちました。

営業というと、とかくテクニックが重要視されますが、
人として大事な基本的事柄をまず知って、それを実行に移すとき
礼儀として役立つのがテクニックだと信じています。

その人としての基本的なことを語ってくれるのが、
カーネギーの人を動かすです。

この本をそのまま信じて行動した人たちは、その後の生き方を
変え、自分の夢を実現しています。

ある人は営業として表彰され、ある人は事業を興し、
またある人は良き友人と親交を深め、ある人は臆病な性格を
克服しています。

職に迷ったら、営業職を勧めるようにしてきたのは、
コミュニケーションを学び、どんな場所でも通用する
人になれるからです。

もし、今、営業職についていて、悩んでいるならば、
まず人を動かすを読んで
基本的な事柄を学ぶことです。

そして、途中で悩んだら、基本に戻ることです。
相手をしているのは、全部人間だから、です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アマゾンリンク