2014.04.23

コピペの罪

週刊ポストがほかの雑誌から無断でデータを借用し、記事を書いていたことが
発覚。

では、なぜ、コピペがだめなのか?

著作権違反。

でも、なぜ、著作物を保護するのか?

もしも、著作物が守られないとしたら?

時間と手間をかけて調べるコストが回収できなくなり、
本気で書こうとする人の意欲を削ってしまうことにもなります。

コピペが氾濫していますが、果たして、本当に損しているのは、
どちら側なのでしょうか?

長年、いろんな形でアイデアが盗まれた経験から
盗まれた方は、次々とアイデアが出続けて、自分の成長やブランド作りに役立ち、
盗んだ側はいつまでたっても変わらない、いや、むしろ劣化しているというのが
事実です。

アイデアは盗まれるもの。
そう決めておれば、アイデアを無償で実験してもらっているという
利用法もあります。

起業はアイデアから。
自分でアイデアを出し、自分で時間と手間をかけて調べる。
ここにこそ、その他大勢にならない秘訣があるんです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アマゾンリンク