2012.01.29

行き詰まった事業をどうやって改善するか

事業が行き詰まったらどうするか?

さっさと撤退しましょう。

会社を守るために借金に駆け回るのは、時代遅れです。
というのは、右肩上がりの時代が終わり、誰もが節約モードに入ったからです。

資本がものを言った時代の経営法に縛られる必要はありません。
昔はよく事業家という言葉が使われました。
ひとつの事業をしっかり守るのが美徳でした。

今は、先を見通せる人はいません。
というか、そもそも明日のことがわかる人なんていないのに、
右肩上がりの時代は、予想がはずれてもなんとかなったからです。

時代は起業家時代です。
新しいアイデアで新しいビジネスを起こすことで、
行き詰まりが解消されます。
多様化したニーズに対応するには、いつまでも固執していては、
支持者がいなくなります。

キャッシュマシンの作り方によれば、

収入源を作ることが次のステップへの第一歩です。
そこには、3つの方向が提示されています。

新しいビジネスを立ち上げる
今のビジネスを立て直す
ビジネスを買収する

ここ一年、私は最初の2つを実行しています。
新しいアイデアと人材の登用です。

今のビジネスでも、人材の登用で飛躍的に改善できることがあります。
既存メンバーは「できない、不可能だ」という言葉で縛られている場合がほとんどです。

新しい風を入れてみることも、新しいビジネスを起こすくらいの効果があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アマゾンリンク