2012.01.02

○○こそあらゆる成功の鍵である

○○こそあらゆる成功の鍵である

さて、その○○とは?

たった2文字のあれが成功の鍵、それも「あらゆる」ことの。


正解は 「説得」こそ、あらゆる成功の鍵である。


ここで問題が発生です。

説得という意味は、実際にどんな状態を指すのか、本当はわからないということです。

押しが強いというイメージ?

しつこいイメージ?

どういうイメージであっても、頭がいい人、つまりIQが高い人が説得力の高い人のように
感じませんか?


ところが、科学的調査で、IQが高くても、感情的資質を表すEQが低いと成果があがらないことが
すでにわかってしまっています。
むしろ、IQは対人関係ではそれほど役に立っていないという結果が出ているのです。

正直に考えてみると、すべてのジャンルで発生する問題の根本は
人間関係だと言えないでしょうか?

人の協力さえ得られれば、ほとんど解決してしまうでしょう。

人を嫌な気分にすることなく、協力してもらえれば、偉大なことが実現できます。

しつこい、強引さを感じるようなものを説得とは呼ばないということですね。

「Yes!」を引き出す7つのトリガー[説得の科学]で、説得を勉強していますが、
この7つのトリガー(引き金)を使いこなすと、
科学的な説得力を持つことになります。

友情、権威、一貫性、交換、対照、理由、希望
これらのトリガーによって、対人関係を飛躍効果をもたらすものに
変化させられます。

一週間に1つマスターすれば、わずか7週間で説得力のある人になれますね。

もしも、ビジネスの結果が今一つだったら、もう1つ「説得力」をプラスすると
それこそトリガー(成功への引き金)になるでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アマゾンリンク