2011.12.24

時代遅れの営業戦術を繰り返す愚者たち

最近増えたのが電話セールス。

電話が鳴って、セールスでなかったことは、ほとんどない。
固定電話の役割って、いったい誰のためなのか?

これは、すでに終わってしまった営業方法しか思いつかない人たちの最後のあがきでしょう。
電話が来る会社は先がないので、信用できません。

「×MOです・・」と聞こえた途端、電話切ります。

どうしてこれほど世の中が変わってしまったのか、
インターネットに移行してしまったなんて考えるのも方向違いです。

億万長者の不況に強いセールス戦略によれば、2008年に変化が起きて、今後もその状況は変わらないということです。

古いセールスが通じるのは、勉強しない一部の消費者が残っているところだけで、
減少し続けています。

売るほうも買うほうも学んでいる人が中心となる時代なのですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242389992

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク