2011.12.24

最重要事項を学んだ探偵ナイトスクープ

先日の探偵ナイトスクープの依頼は
かつて片づけられないごみの山になっていた部屋を掃除に目覚めた時から整理整頓できていて、
他人の部屋を片付けたくてしかたがないという人と、片づけられなくて困っている依頼人を
結びつけるものでした。

片づけられない女性は、捨てられない、思い出があるとか言い訳ばかり。
決断をせまると泣き出す。

いざ、片づけに入ると
探偵が「これ必要ですか?」と聞くが、片付け名人はそれをとがめ、
「使っているかどうか」だけを聞いて下さいと、どんどん捨てていく。

この2つの質問の違いは衝撃でした。

ここから最重要事項選択の本質を理解したのです。

「これをすることは必要かどうか」を繰り返すと、さっぱり進みません。

「実際に今役立っているかどうか」と問い直せば、ほとんどのことは、やらなくても実害がないことに
気づくはずです。

そうすると時間ストレスから解放され、充実した経営ができます。

屁理屈無し 社長のための時間の使い方

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242245557

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク