2011.11.02

自宅が事務所の過ごし方

21世紀型のビジネススタイルは、ずばり「在宅」でしょう。

なぜなら、アメリカがそうなっているから。

終身雇用が崩れたのは、アメリカが先です。
雇用不安、リストラ、倒産、就職難を経て、個人起業がラッシュになっています。

日本はそのあとを追いながら、就職難時代です。

これから、個人で起業するのが普通になっていくでしょう。

自宅が事務所になれば、通勤ラッシュが減ります。
その時間を仕事に回せば、自由な時間が増えますね。

課題は自己管理です。
さぼることが大好きな私には、とてもたいへんな環境です。

だから、いろいろな工夫をしています。
その中でも一番効果的なのは、優れた人を目標にして、優れた人たちと仕事を組むことですね。

よい刺激があります。
在宅で、孤独はしんどいですからね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233256632

この記事へのトラックバック

アマゾンリンク