2011.07.10

正しい決断VS速い決断

大損です。

子供のころから正しい決断をするように訓練されてきて、

どれほど損したことでしょう。


ある経営者が販売している教材について、

『毎回、締めきってから、「なんとか、入会できませんか?」というお便りが
必ず届きます。(^^;』

と言っています。

これは、正しい決断をしようと迷いに迷った結果、

失ってみてその価値に気づくという最悪パターンですね。


人生でもっとも厳しいのはお金のロスではなく、時間ロスです。

頭でわかっているつもりで、まったくわかっていないのが、時間という資源ですね。


それを無駄にするならば、失敗の決断をしたほうがましだということです。

もちろん、とりかえしのつかない失敗もありますから、
どこまでも慎重でなければなりません。

その慎重さのもとは、『楽天主義の否定』です。

「なんとかなるでしょう」という前向きな人が多すぎます。

超・平凡です。


なんとかしなくてはなりません。

なんとかなるという考えは、誰かの助けを待っている甘えの構造です。


さて、本日締め切りの
パワーブロガー養成講座(インターネットコンサル付)


11:11 | 成功の元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク