2010.05.15

無礼者に仕事がこない時代

私が一番会話したくない、というよりも無視する対象は

高度成長期の成功を自分の実力だと勘違いしている人です。


だから、上から目線で見下ろしてきます。

それを逆手にとるのは、大得意なのですが、そんな時間ももったいないです。


土下座やしつこく通い続けるのが営業だと思われていた時代は過ぎました。

今なら警察を呼ばれます。
(私の以前の会社では2度もパトカーが営業マンを連れて行きました)。


さて、営業なんて、自分には関係ない、

仕事が違えばそう思われるでしょう。


でも営業力の2つの特徴である、会話力と心理学は
どんな仕事でもだんとつの有利さをもっています。


経営者なんて、自分の意識やモチベーションを高めるために自分との会話が重要ですし、
従業員や取引先、顧客とのコミュニケーションに会社の存続がかかっています。


私は営業の仕事を離れましたが、いつでも営業スキルの勉強は欠かしません。

もちろん、新規事業や新規商品が発生すればいつでも営業の仕事がメインになるのです。


今日もし時間があるなら、期間限定の動画セミナーを無料で閲覧できます。

【無料!】元地方公務員が転職後、13年間で144億円以上生み出すトップ1%のセールスマンになった方法を公開


1時間半くらいの内容ですが、気楽な雰囲気ですので、疲れません。


11:56 | 営業力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンリンク