2009.11.01

副業禁止に対応する

減り続ける給料

出口の見えない不景気

雇用不安

サラリーマン時代の末期とも言われる世紀


それなのに、副業禁止


会社員時代、有り余るパワーを元に多角化を提案したことがありますが、一発拒否。

その後、一部事業化されて毎月の収益が出てきて、課内でちょっと贅沢をさせてもらったことがあります。


人の能力は上限がない、とまだは言いませんが、
会社の規則内だけでは収まらないものがあります。


せっかくのスキルを副業に生かすことができれば、
生活にゆとりが出てきます。

楽しみが増えます。

不安解消されます。

でも副業禁止。


なので、副業サポートシステム

特商法に基づく表記を表記するとわかりますが、本部が運営しています。
あなたはビジネス内容をしっかり理解して、必要としている方に紹介(宣伝)するだけです。


ここで、会社員精神が邪魔になることがあります。

サラリーマンはすごく働いても、それほど働かなくても
給料は一緒。

事業家は結果がすべて。少ない時間でも知恵を使って大きく稼ぐこともできれば、寝ないで働いて収入なしということもあります。

サラリーマンは働いていない人を冷たく見ます。
結果がでなくても懸命に働いているとほめられます。

だから、気楽に(見える)事業家が稼いでいるのがずるく思えてしまいます。

事業家から見れば、結果も出せないのに給料をもらっているほうがずるいのです。


この2つの人種の違いをしっかりと理解していきましょう。
私自身、この矛盾を抱えながらサラリーマン、自営業と経験してきました。

副業には努力よりも結果重視で取り組んでいきましょう。

この記事へのコメント
お邪魔しました。
Posted by jyoba at 2009.11.06 20:58
ほ ん と に興 味 深 い ブログですね !
Seesaaのランキングサイトで貴方のブログを知りました。。
紅葉の季節ですね〜。
今年の旅行の予定は決まりましたか?
わたしはFC2で下記の旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com
★ぜひ私のブログと相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman@livedoor.com
(URLとブログ名を明記して下さいね)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了です!
Posted by 旅 好 き のブログです at 2009.11.10 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アマゾンリンク